サロン

美しいヘアセットの秘訣

投稿日:

image

先日、長年お世話になっているお客様の次女様が、ご結婚されるという事で、ヘアセットとお着付けをさせて頂くためにご自宅まで伺わせていただきました。

こういう人生の大事な行事の時は、サロンに来ていただくより、僕たちが向かった方が安心なんです。

こういう時って忙しいじゃないですか。特にお母様ってバタバタしていて、自分のことは後回し。だから、結構忘れ物とかがあると大変なんですよ。なので、長いおつきあいで、普段からお互い信用のある方は、特別にご自宅まで伺っています。

 

今回の仕上がりは自分で言うのもなんですが、とても満足な仕上がりでした。シルエットはメリハリがあるけれど、でも、ピッチリしすぎず柔らかいふんわりした柔らかい感じ。そして毛先までツヤ感のあるリッチな感じです。(こういうスタイルは僕の得意ワザですが)

 

正直なところ、セットしやすい場合と、すごく手こずる場合があるんですよ。セットしやすい時って、勝手に髪がイメージ通りに動いてくれるんですよ。でも、しづらい髪は、無理に動かさないといけないんです。この方は、めちゃくちゃセットしやすかったんです。その理由は髪質だと思うんですよ。

 

この方は、長年プログレス(バイオプログラミング技術を使った髪のエイジングケア)を積極的にしている方なので、たいてい、同世代の方より髪の質がめちゃくちゃいいと思います。

きっと50代後半なはずです。実は1年に1回梅雨時に縮毛矯正をするんですが、そんな感じしなくないですか?(まあ、もちろん、僕の縮毛矯正技術はすごいんですが)この方の日々の努力のたまものだと思うんですよ。

 

やっぱり髪の感じがいいと、とってもリッチでセレブな雰囲気が出ますよね。上品な感じとも言うと思います。

 

このスタイルは、1日10崩れず持ったそうです。さすがに、崩れないかは心配でしたから、ホッとしました。

 

あなたもプログレスを体験してみませんか?

プログレス体験企画はここをクリックしてください

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-サロン

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.