ヘアビューロンストレート 郷博子

雨の中走っても、もう大丈夫!

更新日:

こんにちわ、ごうです。
今日は、2年間毎日欠かさず
『3Dヘアビューロンストレート』
を使っている高校生のお話です。

 

その子は男の子なんですが、
高校に入学の時に、
3Dヘアビューロンストレートを
使い始めました。

 

元々の髪質は、
一本ずつがねじれ、
2センチくらいのウェーブがありました。

 

ぱっと見たら、ツヤは見えにくく、
ギラギラした感じです。
なんとなく、想像できますか?

 

そんな彼は、
朝起きるのが遅くても、
電車の時間がギリギリでも、
毎日欠かさず、
ヘアビューロンストレートで
髪を綺麗にしてから
学校へ通っていました。

 

そんな彼が、
陸上の大会の後にご来店されました。
しかも、その日は、
結構などしゃ降りで、
その中で大会は行われたようなのです。

 

ご来店された時の髪は、
雨の中で走って後には、
まるで見えませんでした。

 

思わず
「その髪で、走ってきたの?」
と、聞いてしまいました。

 

ヘアビューロンで仕上げた直後とは
もちろん違いますが、
全くうねりが気にならない、
スタイリング(といっても何もないつけません)が、
崩れていない、
とってもナチュラルな髪でした。

 

以前の彼からは、
思いもよらないほどの髪の安定感に、
とても嬉しく思いました。
また、彼の髪へのゆとりのような
力の抜けた感じも感じました。

 

彼は、
「毎日の積み重ねやね」
と、言って笑いました。

 

「毎日の積み重ね」
これは、
日頃から私が口に出す言葉でした。

 

お金をたくさん出せば、
今日一日で、あっという間に
美しくなる事はできるかもしれません。

 

しかし、私たちRYUKOが提案するのは
「本質の美しさ」です。
本質の美しさを手に入れると
心にゆとりが生まれ、
天気が悪いくらいで
テンションが落ちるなんて事もありません。

 

そして、そんな人は、
「髪、綺麗ですね。何してるんですか?」
って、言われたら
「特に何も…」
って、答えるんですよね。

 

とってもステキだと思います。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
郷博子

HIROKO

郷博子。1974年生まれ。岐阜市出身。 自分の髪質が、生まれつき細く伸ばすだけで傷んでしまうような弱い髪でした。美容師をしながらも、自分の髪の将来的が不安でした。肌も同様で、タオルで擦れるだけでも荒れてしまう。そんな髪や肌が本質美を取り戻す技術によって、今では自慢に出来る髪になり、ロングヘアを楽しんでいます。肌も、いまの自分が一番好きです。そんな経験をもとに、多くの女性にもその体験をしてもらいたいと、本質美を普及する活動をしています。 郷の記事一覧はこちら

-ヘアビューロンストレート, 郷博子

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.