ヘア

2019年、今年も本当にありがとうございました。

投稿日:

2019年の営業が昨日で無事終わる事ができ、今年も皆様には大変感謝しております。

 

2019年のRYUKOは、改革の年でございました。
・ヘアカラーのバージョンアップ
・新しいプログレスの研究、開発
・社内の理念、人事システムづくり
・人材採用
を行ってきました。

 

どれも苦労しましたが、
どの項目も、お客様からの思いやりのある何気ない一言や、ご意見やご要望を頂いたおかげで、生まれたアイデアが元になって、実行に移したものばかりです。

 

ですので、
大きな問題が出てきても、毎日のサロンワークの中でお客様と接する事で、自分たちを奮い立たせ、迷いがあった時も、皆様のポジティブなメッセージのお陰で、進む勇気をもらい踏ん張る事ができたシーンもありました。

 

スタッフ全員で討論する機会も増えた事で、RYUKOのチームワークもより強まりました。

 

最高のお客様とスタッフだなぁって、改めて実感させられた年でもありました。

 

また、今年は途中で情報発信を中断してしまいました。
これは、研究や開発をしている際、今までよりも広い範囲、あえて見てこなかった分野の情報や知識を取り入れてきたことが原因になってます。

 

その結果、驚きの事実や意外性、自分たちの考えが覆されるような気付きを得たことで、頭が混乱してしまったため一時停止しました。

 

研究開発により、皆様を美しくするための技術や知識が、とんでもなく増えたので、その成果も上がり、仕事への情熱もより一層上がってきました。しかし、、、

 

それらの知識や技術を、
・どの引き出しに入れて整理すれば良いのか?
・その引き出しをどの順番で並べれば良いのか?
・引き出しにどんな名前を付ければ良いのか?
と、整理するのに時間が必要だったのです。

 

引き出し全体に、新しいコンセプトを与えるのにも時間がかかりました。

 

という訳で、情報発信が滞っていたのですが、今は随分と整頓されてきています。今思うと半年前は非常にカオスな状態になってたなと笑えてくるぐらいです。

 

来年は、より多くの方に、ワクワクしてもらえるような情報発信をリニューアルして行っていく計画でいます。是非楽しみにしていて下さい。

 

それでは、本年も大変お世話になりました。
今年の年末年始は、天気が崩れて寒そうですが、お身体に気をつけて、良い年越しをお過ごし下さい。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-ヘア

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.