サロン 宮崎亮

本年もありがとうございました

投稿日:

こんにちは、宮崎です。

 

本日で今年最後のサロン営業となります。
そして、このメールも今年最後となります。
本年も皆様には大変お世話になり、
誠にありがとうござました。

 

僕自身、
今年は自己研磨に大きく時間を割き、
思った以上のハードさによって、
途中から優先順位やらスケジュールの
変更をすることになり、
周りの人たちを振り回してしまいました。

 

大きな気づきを得て、無事卒業しましたが、
お客様をはじめ、職場のメンバーや家族の
ご協力のおかげだと大変感謝しております。

 

多くの知識や経験をしましたが、
大きな気づきは、
「謙虚さ」の大事さや、
「人の不完全さ」への自覚でありました。

 

これによって、人は人に感謝できますし、
より自分を磨こうと学び続けることができる
大事なエッセンスであると感じています。

 

研修が終わって冷静になるごとに、
その気づきもジワジワと深まり、
本当に良いお客様とチームに恵まれていると
心の底から感じている毎日となっています。

 

今までは、
仕事に面白さや興味を求めて
充実感を得ようとしていましたが、
みなさんに、自分が役立てることに
充実感を感じることができるように
なりました。

 

それは、頭ではわかっていても、
心からわかる、腑に落ちるというのは
難しい感覚でした。

 

それすら気づかせてもらえたのも、
みなさんのおかげでございます。
本当にありがとうございました。

 

やっと、
年末らしさを感じる寒さがおとずれ、
この年末年始は、冷えるそうですから、
みなさん、体を冷やさないように気をつけて
よい年をお迎えください。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-サロン, 宮崎亮

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.