サロン 宮崎亮

2021年、感謝と反省

投稿日:

今年は12月29日で仕事納めとさせて頂き、スタッフ一同平和に年越しを迎えることができそうです。

 

これも皆様のおかげでございます。

「仕事頑張りすぎじゃない?」
「休んでる?」
「頑張ってね!」

労いを頂いたり

 

ダブルブッキングなどのトラブル時や、お客様同士の時間調整等で、スケジュール変更のご協力を頂いたりと、

 

本当に感謝しかありません。
年末に振り返ることで、私たちは、とても素敵なお客様に囲まれて仕事ができていることを改めて実感しております。

 

「2020年12月から風の時代になる」という話を、今年の始めにさせて頂きました。

 

風の時代というと、物質的(有形)な社会から、精神的(無形)な社会になるという言葉が一番シンプルな説明ではないでしょうか。

【高級、高価、利益、損得、物、不動産、、、】

そういうものの価値が下がり、

【好き、嬉しい、好奇心、興味、美しい、ワクワク、心地よい、学び、、、】

という、情緒や精神の源泉になるような経験や体験、アイテムに価値が上がっていくということだと理解しています。

 

そして、私たちの2021年度は、
「積極的に現状維持する」
というテーマを持って仕事をしてきました。

 

少し矛盾を感じるような言葉ですが、意味があります。

 

コロナの終息や、今後の経済や生活がどのように変化するのか全く読めない状況でした。

 

そんな時は、「今この時」が一番大事だと思いました。

 

無理にポジティブにアクティブに動くことよりも、明確な今を大切に守っていくことが重要だと考え、「現状維持」を宣言しました。

 

現状維持というと、経営的には力を抜くようなネガティブな言葉です。

 

しかし、それを積極的に意図的に行うことで、安心して仕事ができるのではないかと感じたためです。

 

その積極性は、あらゆるメニューのアップデート行いました。

 

「年齢を重ねるごとに美しく」がちゃんと実現できていくのか?と常に自分たちに問いかけ、もっと美しく若い髪になって頂けるように、何度も改良を重ねていきました

 

使用するアミノ酸はどれがいいのか?など、結構マニアックな検証もしてたんですよ。

 

また、カットやカラーなどの美容技術の再学習にも取り組みました

 

RYUKOのスタイリストのキャリアはベテランです。私自身、美容師歴30年が近づいています。

 

ですが、もう一度、カットの基本に戻ってみたり、カラーリングの理論を再確認してみたり、パーマのロッド配置を再確認したりなどなど、スタイリスト同士お互いに意見交換をしていました。

 

不思議なもので、現状維持のための問題解決をしているだけなのに、新しいアイデアが浮かんだり、出会いが生まれたりするんですよね。

 

そんなことをするつもりはなかったんですが、湧いてきた以上放って置けません。

 

新しいメニューや、アイテムをご紹介できるようにテストや検証もボチボチ進めておりました。(却下になるかもしれませんが、、、)

 

とはいえ、今年の反省点としては、色々と学習や検証を行っていくと、皆様に、

「知って欲しい!」
「これ使ってもらいたい!」
「このデザインにするといいのに!」

という具合に、ご提案する内容が毎回違ったり、複雑だったりとカオスな状態になっていたのではないだろうか?と感じております。

 

「いろいろなことを教えてもらえるけど、結局何をすれば良いの?」

 

と、皆様が迷われないように、ご提案がシンプルになるようにすることが来年の課題かなーと思っております、

 

最後に、

RYUKOの欠点である、時間の融通が利かないという点には、いつも申し訳ないなーと感じております。

 

そんな中、サロンの時間を大切に思ってくださり、先にサロンの予定を組んで頂いている方には本当に感謝しかありません。

 

2021年も誠にお世話になり、ありがとうございました。

良い年越しをお迎えください。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-サロン, 宮崎亮

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.