シャンプー・コンディショナー ヘアタイムセス 宮崎亮 頭皮

3種類のシャンプーをテストしてみた結果

投稿日:

こんにちは、宮崎です。

 

この3週間ほど、
3種類のシャンプーを1週間ずつ使って
僕自身の髪と頭皮で検証してみました。

 

僕自身が求める基準を、
・地肌に優しいこと
・髪にハリとボリュームが出ること
の2点に絞り込んで検証しました。

 

検証した3種類のシャンプーは、
A. バイオプログラミングシャンプー
B. アミノ酸系界面活性剤のシャンプー
C. 生薬やハーブなどが入ったシャンプー
です。
どれも、サロン専売品のシャンプーで、
メーカーいち押しの商品のようです。

 

Aのシャンプーは、
皆さんもご存知のシャンプーですよね。
ここ20年弱は、このシャンプーを使用してきました

 

Bのシャンプーは、
洗浄成分の安全性を前面に出したシャンプーです。
「3日使えば違いがわかる!」
とパンフレットには書いてあります。

 

Cのシャンプーは、
オーガニックを前面に出し、
地肌のかゆみや抜け毛を抑えるという効果が
パンフレットに書いてあります。

 

パンフレットだけ見ると、どれも頼もしいです。
どちらかというと、 PRだけ見てると
バイオプログラミングシャンプーの効果が
一番わかりにくいです。

 

それぞれ、1週間ごとに使いました。
シャンプーだけ使って、
コンディショナーはなしです。

 

まず、第1週目は
Cのオーガニックシャンプーを使いました。
初日の感想は、
Aのバイオプログラミングのシャンプーより
洗浄感が強く、ハリやボリュームが出る感じがしました。

 

日中も、ボリュームがいつもよりキープされ
「なかなかいい感じだな」って思いました。

 

2日目、
洗い上がりに地肌のつっぱりを感じました。
そして、日中に地肌のかゆみが少し出てきました。
でも、髪のボリュームは出て好きな感じです。

 

3日目、
地肌のかゆみが増してきて、
ややフケが出てきました。
でも、ボリュームは好きです。

 

1週間後、
かゆみとフケに
ストレスを感じるようになりました。

 

そして、次の2週目は、
Bのアミノ酸系シャンプーです。

 

初日の感想は、
ボリューム感がさらに出る感じで
デザイン的には好きな感じです。
しかし、さらに地肌のかゆくが強くなり、
フケが一層増えてきました。

 

2日目、
かゆみが強まり、掻き傷ができました。
でもボリュームは好きです。

 

4日目、スーツの肩にフケが乗るようになり
さらにストレスを感じるようになりました。
でもボリュームは好きです。

 

5日目、
かゆみとフケが辛くギブアップ。。。

 

3週目は、
Aのバイオプログラミングのシャンプーに
戻ってきました。
初日と2日目、
まだかゆみとフケが残っていますが、
なんとなく和らいだように感じました。

 

3日目、フケやかゆみは少し落ち着いてきました。
しかし、今までより髪が潤ったせいか
しんなりして手触りは良いのですが、
ボリュームが今までより減りました。

 

4日目、5日目
フケはまだ残っていますが、
かゆみがほぼ落ち着いてきました。

 

6日目、
なぜか、自然なふんわり感が出てきました。
柔らかいのにボリュームが出てる感じです。
他の二つのボリュームは、
髪が硬さ(ハリ感)によるボリューム感でしたが、
それとは違う感じのボリューム具合です。

 

7日目、
湿度が急増してきて、
毛先がしんなりしてしまうようになりましたが、
根元はまあまあふんわりしていました。

 

現在はそのまま
バイオプログラミングのシャンプーを使っています。

 

検証結果としては、
・シャンプーは使ってみないとわからない
・ボリュームにもいろいろある
・仕上がりは好きでも、地肌に合わないと継続不可
ということで、
皆さんに新しくおすすめできるシャンプーは
まだ、バイオプログラミングのシャンプーだけです。

 

個人的には、
もう少し、ハリが出るといいなーと感じています。
安全で、髪質を好みの質感にコントロールできる
そんなアイテムを検証していこうと考えています。

 

ps
シャンプーやコンディショナーは、
髪質のコントロールをする目的だと考えていて、
未来の髪を美しくできるのは、
バイオプログラミング頭皮エッセンスの
一択だと確信しています。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-シャンプー・コンディショナー, ヘアタイムセス, 宮崎亮, 頭皮

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.