メンタル

怒り・イライラを6秒間で抑える方法

更新日:

こんにちは。RYUKOの味田です。

人の数だけ考え方もありますね。
意見が合わなければ衝突してしまうこともあるかもしれません。
そんな時、感情的になって怒りにまかせた行動をとってしまって、あとで後悔したという経験ってあると思います。
『怒り』『イライラ』という感情とうまく付き合っていく方法をシェアしますね。

 

・売り言葉に買い言葉で’カーッ’となって言い返してしまった。
・イライラして、感情的に怒りすぎてしまった。

 

こんな経験は誰しもあるんじゃないかなと思います。
もちろん私もあります。あとで言いすぎたなーとか、冷静になって考えてみると
なんであんなにカリカリおこったのかなとか。。。

 

どうして怒りの感情が生まれるのかというと、世代や生まれ育った環境によって価値観は異なるのに、『自分と相手のどちらが正義か』で戦ってしまうんです。
そもそも『怒り』とは、自分の『こうあるべき』という価値観や理想がそうならなかったときに生まれます。

 

この『〜べき』に固執しすぎると、他の人の価値観が受け入れれずに怒りはどんどん増していってしまいます。
同じものを見ても人によって受け取り方は違うので
自分の常識=相手の常識
とは限らないということです。自分の価値観に囚われすぎないって大切だなと思います。

 

毎日、心穏やかに過ごせたらいいですが、なかなかそんなふうにはいかないのも現実です。些細なことにイライラしたり怒ってしまうこともありますが、イライラしたり、カーッとなった時の『怒りのピークは6秒間』と言われているそうです。
この6秒をどう過ごすかが大切なんだそう。
この6秒間とうまく付き合うと、感情的になって怒りに任せた行動がへるそうです。

 

怒りのピークの6秒間をやり過ごすテクニック

・怒りをかんじた瞬間、怒りが静まる言葉を言い聞かせる。

例えば、 好きなものや歌など、明るい気持ちになるような言葉を繰り返す。

・いったんその場を離れてリセットする

戻ってくることを告げてから外に出て深呼吸をする。

 

これだけ見ていると、これだけでいいの?と思いますが、イライラしているときは
きっとこの6秒間を乗り切ることを忘れてしまいがちです。
思ったままに口にしたり、感情のままに怒り散らす前に、ちょっと思い出してみてくださいね。

 

だいたいイライラしたり怒っているときは、眉間にシワが寄ったり怖い顔になっているはずです。
言ってしまって後悔した時も心がどんよりします。
髪は特に、ストレートに心や感情が現れます。
イライラ、プリプリしていると髪がパサパサになったり、広がったりまとまりにくくなったりするんですよ。
心や感情は形あるものではないので、目に見えないですが『怒』という感情をうまく乗り切れれば、髪や肌にもプラスの影響が現れると思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
味田京実

KYOMI

味田京実。1981年生まれ。岐阜県養老出身。 ゴッドハンド技術(レプロースト、ビューディア)取得者。 20代の頃は、美容のトレンドやデザインに惹かれこの業界に入ったが、30代になり、トレンドやデザインを実現・追及するには、肌質、髪質、健康、メンタルなどの本質的な美しさが整っていないと実現できないことに気付き始めた。バイオプログラミングやゴッドハンド技術と出会い、本質美の重要性を確信する。それ以来、デザインやトレンドを形にする仕事をしながらも、本質美のオピニオンリーダーとして、顧客にアドバイスしている。 味田の記事一覧はこちら

-メンタル
-

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.