メンタル

アートで回復してきました!

投稿日:

こんにちは、宮崎です。

 

最近、頭も体も忙しく、
時間が空いても、寝ようと思っても
ついつい頭が働き始めてしまい、
疲れが溜まってきていました。

 

あなたにも、色んなことが重なって
なんだか忙しくて忙しくて、
寝つきが悪くなってし辛かったって経験ありますよね。

 

そんな状態では、
仕事をするにしても、
何かアイデアを出すにしても
良い成果が生まれにくくなります。
悪循環になります。

 

そんな時に
「何か自分を回復させないと!」
と思い、何をするといいのかなーと
考えていました。

 

そして、久しぶりにツイッターを見たとき、
好きなイラストレーターの個展開催の情報が目に入ってきました。
大阪のあべのハルカスで開いているというのです。
それを見て、” 明日行こう ” と思い立ちました。

 

アートに触れると心が癒されるということをよく耳にします。
なので、自分を回復しに個展を見に行こうと思ったのです。
新幹線と地下鉄で行ったのですが、
財布とスマホだけ持って出かけました。

 

その個展は、大阪芸術学院の主催で行われており、
展示場の壁一面にスケッチブックに書かれた原画が
ピンで貼り付けてありました。

 

今は、スマホでも作者の作品はいつでも見ることができます。
しかし、実物を見ると、
質感や大きさ、
色合い、
力強さや手の抜き具合など
デジタルでは感じ取れないことを
読み取ることができるんですね。

 

ただただ、その場の空気を感じながら、
” 今ここ ” だけに集中している時間を作ることができました。
好きなことに純粋に集中する時間というは
睡眠の次に回復・充電になるんだなーって思いました。
なんだか、その夜からよく眠れるようにも思います。

 

睡眠、アート、運動を
自分の回復習慣に入れ込めるようにしたいなって思いました。

 

そのおかげで、またバリバリ体も頭も働くようになっています。
そんな体験をして思ったのが、
RYUKOもあなたにとって
"そんな存在 "
"回復の場所 " になれたらなーって
感じました。

 

頑張るためにも、回復・充電は必要だし、
美しくなるためにも、
髪や頭皮の活性と回復が必要です。

 

「仕事が活性で、プログレスが回復」
とか、、、

 

「ご自宅でのケアやプログレスが活性」
にあたり、
「サロンで行うケアやプログレスは回復」
に当たるのかなー
などなど、、、

 

RYUKOの次のビジョンの良いアイデアも生まれています。
ぜひあなたも、
活性と回復をバランスよく習慣にしてみることを意識してみてください。

 

PS.
昔、上野の美術館まで「ダリ展」を観に行ったことがあります。
その時の本音が
「ああああ、疲れたー」
「頭が重い」
って感じでした。

 

ダリの作風はグロさがあるし、人混みのせいもあったでしょうが、
回復のためのアートは、
「好きでずっと眺めていられる」
「待ち受け画面にしたいぐらい」
こういうものの方が良いんでしょうね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-メンタル

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.