バイオプログラミング 宮崎亮

ビューロンカールで美髪になるコツ

投稿日:

こんにちは、宮崎です。

今日は、ヘアビューロンカールについて、
もっと美髪になるための使い方のちょっとしたコツをお伝えします。

まず言葉で説明します。

1、巻く髪の束を良く整える。

2、髪の中間を挟み、1回転させる。

3、そのまま、少し静止。
その後ゆっくりとビューロンの先端のつまみを持って回転(ローリング)させながら、
毛先の方にスライドさせていきます。止まっても傷みません。とにかくゆっくりです。
スライドさせる時は、ビューロンが横向き(床と平行)気味になっているとよくカールがつきます。

4、毛先まできたら、カールを崩さないように、横へ抜きます。

特に、3番面が重要です。

動画はこちら

 

この方法なら、温度も120度や140度でもよくカールがつきます。

ビューロンの筒の部分に特殊なセラミックが加工されていて、そこに髪が触れている時間が長いほど、髪がプログレスされていきます。

なので、電源をいれないで、または40度の設定で髪を挟み、ゆっくりスライドさせるだけでもヘアケアになってくれるんです。

最近、使わなくなったという方も多いので、せっかく良い機械なので、これを機にまた使ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-バイオプログラミング, 宮崎亮

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.