プログレス 宮崎亮

美しいボサボサ

投稿日:

最近テレビを観ていると、
毎日のようにラグビー選手が登場していますね。
昨日堀江翔太選手を見て、
びました。
「美しいボサボサ」
堀江選手のドレッドが美しいと感じた
というわけではなくて、
きっと美にもいろんな価値観があるんだろうなって
思った感じです。

 

ということで今日は、
「あなたが求めている美しい髪とは?」
について書いていきたいと思います。

 

あなたが本当に求めている髪の美しさや、
あなたが本当にしたいデザインを見直す
きっかけになればなって思います。

 

美しい髪っていうのは、一人一人違うものではないのか!

以前にお客様から、
こんなことを言われたことがあります。

 

「髪にボリュームは出てるけど、
サラサラすぎて頼りない感じがする。
もっとカチッとしててもいいんだけど」

 

「ストレートでサラサラは気に入ってるけど、
もっとオイリーな感じのストレートヘアにもしたい」

 

一人一人持っている美しい髪のイメージは
違うんだなって気付かされた瞬間でもありました。
あなたはどうですか?
「もっとこんな質感にしたい」
「もっとこんな髪になりたい」
っていうイメージはお持ちですか?

 

もし、そんなに明確なイメージがないようでしたら、
これから、あなたが求めている美しさを
再発見するためのワークをしてみましょう。

 

まず、ここ数ヶ月、または、昔から美しいな〜、
憧れるな〜と思える人を2、3人イメージしてみてください。

 

芸能人でも、友人でも、外国人でもいいです
アニメとかの二次元はダメですよ。
イメージする時も、写真や画像ではなく、
動いているシーンをイメージできる人にしてくださいね。
ドラマや映画の中の役でもいいです。

 

そして、その方達に共通する以下の点を見つけてみましょう。
全員一致ではなくてもいいですよ。
なんとなくでいいです。

 

1、どんな性格?
(例:頼れる、できる感じ、やさしい、カワイイ、楽しい、強い、神秘的、、、)

2、髪の長さは?
(なんとなくの雰囲気だけでいいですよ)

3、髪の色は?
(これもなんとなくの雰囲気でいいです)

4、髪のスタイリングは?
(例:カーリー、ウェーブ、ストレート、かき分けた感じ、自然体、寝クセっぽい、クシャクシャしてる、バサッとしてる、ガチッと固めている、ポニーテール)

5、髪の質感は?
(つやつや、サラサラ、ボワンボワン、プルンプルン、カチカチ、ふわふわ、、、)

 

これらの5つのポイントから総合して
イメージできる髪の質感やデザイン・雰囲気が、
あなたが求めている髪の美しさのヒントになるはずです。

 

特に、
最後の5の質問を考えた時に
あなたの頭の中でイメージされた質感というのが、
とても重要になってきます。

 

なぜなら、
髪のデザインというのは、
髪の質感がイメージの半分以上に影響していますからね。
その次がスタイリングや色です。

 

いかがでしょうか?
あなたの求めている美しい髪は見えてきましたか?
ただ単に、
サラサラでツヤツヤな髪にしたいわけではないですよね?

 

もちろん、
サラサラでツヤツヤのロングは美しい髪の王道です。
しかし、そこにも、色や雰囲気、揺れた感じなど
細かい質感は一人一人違うはずです。

 

「あなたにとっての美しい髪」を目指して欲しい!!

もし、あなたが求めている髪の美しさがイメージ出来たのでしたら、
いろんな言葉や表現で僕たち伝えてみてください。
それがあなたの現実とギャップがあるかもしれませんが、
プログレスなどの施術でそこを目指したり、
今までと違うヘアケアのアイデアが
湧いてきたりするかもしれませんから。

 

ただし、僕たちが極力やりたくないことがあります。
それは、体や髪の健康を著しく損なうような方法です。

 

だから、
あなたがドレッドが美しいと感じていたとしても、
髪を傷ませずにドレッドを行うことはできませんのでお断りします。
全ての髪を何度もブリーチして、
シルバーとかホワイトにするような施術も行いません。

 

本来「美しさ」というのは、
その人の中にあるエネルギーとか個性が、
高いレベルで見た目に表現されていることを
指している言葉ですから。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-プログレス, 宮崎亮

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.