プログレス 郷博子

クリーンなジャンプ?

投稿日:

こんにちわ、ごうです。

 

今年の冬のオリンピック、
フィギュア男子はすごかったですねー。
いつもはそんなに気にしない私でも、
力を入れて見てしまいました。

 

そんな中、
フィギュア女子を引退された鈴木明子さんが、
平昌オリンピックのキャスターを勤めていらっしゃいました。

 

ショートプログラム前に、
羽生選手と宇野選手が
勝てるポイントについてコメントを求められました。

 

鈴木さんはそれに対し
「クリーンなジャンプを飛ぶ事です。」
と答えました。

 

???

 

クリーンなジャンプ?

 

と、その時インタビュアーが、
「クリーンなジャンプとはどんなジャンプですか?」
と、私の質問と同じ質問をしてくれました。

 

そこで答えていたのが、、、

 

ジャンプに入る角度が、
入り過ぎず前すぎず、
高さも充分で、
着地も次への流れもスムーズで…

 

みたいな曖昧のようで確信のある答えでした。

 

要するに、
「ちょうどいい」
「ストレスがない」
「絶妙なバランス」という、
一言では言い表せない事なんだなーと思いました。

 

ただ、この「ちょうどいい」は、
相当な練習を積み重ねて来た選手にしか
できない大変な事なんだと思います。

 

オリンピックレベルの選手の方々とは
比べものにならないですが、
だれでも自分にしかわからない
ちょうどいいがあるはずです。

 

例えば、車庫入れとか。
角度は何度とは言えないけど、
入れる駐車場を確認して
斜め前に出て
ハンドルを戻しながらバックしながら…
みたいなかんじです。

 

この「ちょうどいい」
実は、髪も、
「ちょうどいい」って、
すごくノンストレスなんです。

 

ちょうどいいしなやかさ
ちょうどいい水分量
ちょうどいい張り感

 

ちょうどいいが集まった髪は、
雨が降っても形が崩れる心配がない
カラーリングの間があいても色落ちが気にならない
髪が伸びてもトップの根元の立ち上がりが気にならない

 

ノンストレスなんです。

 

心配がない、ノンストレスな状態を
「クリーン」と呼んでいるようです。
ただ、この「クリーン」、
時間をかけてコツコツ取り組んだ方だけが
得られる幸福感なんです。

 

私たちは、
そんなクリーンな髪を目指しています。
ご自分の髪にストレスを感じている方は
是非コツコツ始めてみてください。

 

クリーンな髪を実現する第1ステップが
21日間美髪プランです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-プログレス, 郷博子

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.