パサつき 宮崎亮 髪質改善・エイジングケア

髪のドライフルーツ化

投稿日:

こんにちは、宮﨑です。

 

もう12月ですね。

 

まだ年末感を感じていないですが、とうとう一ヶ月切りましたね。

 

空気もかなり乾燥してきました。

 

今日は、「髪のドライフルーツ化」について書いていきます。

 

この記事を読むことで、乾燥の季節でも髪1本1本がふっくらとした、厚み感のある髪型にする方法がわかるようになります。

 

髪がドライフルーツ化しやすいこの季節は、しっかり水分補給(補水)してください。

 

保湿じゃないですよ!

 

さて、11月に入った頃、こんな悩みを聞くようになりました。

 

「最近髪が細くなってきた感じがする」
「最近ボリュームが出ない」

 

あれ?

 

湿度も落ち着いてきて、髪の調子が良くなったり、扱いやすくなるはずなのにどうしてだろー?

 

不思議に思ったんです。

 

そういった方の髪を触りながら何が起きているかイメージしてみました。

 

思いついたイメージが、「髪のドライフルーツ化」です。

 

髪1本1本がシワシワっと萎んでしまっている感じです。

 

今年は、例年よりも急に湿度が収まり、空気が乾燥しました。

 

通常だと、湿度が低くなるごとに、皮脂量が徐々に増えていき髪や頭皮を保護する機能が高まっていきます。

 

なので、乾燥しても、天然の保湿成分が髪を乾燥から守ってくれるんですよね。

 

ところが今年は、皮脂の保護が追いつかず、急激に髪から水分が奪われ始めたことで、髪が収縮してしまっているのではないでしょうか。

 

収縮するともちろん、髪が細くなって感じますし、厚みもなくなり全体的にペタンとしてしまいます。

 

髪の質感も硬くなって、髪に動きも出なくなります

 

ヘアスタイルが寂しい感じになってしまいますよね。

 

でも、安心してください。

 

RYUKOにはとっても良いアイテムがあるんですよ!

 

「M3.6」です。

Pass:2007

 

髪に水分を補給できます。

 

電子レベルで結合するので、本当の潤いになります。

 

しかも、酸化(サビつき)もミネラルの還元作用で取ってくれるので、髪や頭皮や肌を老化から防いでくれます。

 

ドライフルーツ化した髪を、ふっくらとした質感に戻す3つのステップがお伝えしますね。

 

1、シャンプーを付ける前に、M3.6を髪にたっぷりスプレーしてから、泡立て→マッサージ→数分放置→すすぎをします。(シャンプーとM3.6を1:1で混ぜてもOK)

 

2、乾かす前にM3.6を頭皮から毛先までたっぷりスプレーして(10スプレー)、クシなどでとかしてからドライヤーで乾かす。

 

3、朝、スタイリングの前に、M3.6を地肌から毛先まで10〜20スプレーして湿らせてから、ブローなどのセットを行う。

 

この3つをやれば、髪がドライフルーツ化しやすい今年の冬でも、水分補給がしっかりできます。

 

その後にオイルなどで保湿してください。

 

これで乾燥の季節でも豊な厚み感のある髪型にすることができると思います。

 

3つのステップをご紹介しましたが、まずは、たっぷりとM3.6を地肌から毛先までスプレーしてみてください!

 

P.S.

これでもまだペタッとしてしまうなら、地肌のエッセンスでエネルギーアップが必要かもしれません!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-パサつき, 宮崎亮, 髪質改善・エイジングケア

Copyright© RYUKO , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.