本質美ギャラリー

ガウチョパンツの「ガウチョ」とは?由来を調べてみました

更新日:

こんにちは。ミヤザキです。

最近お客様の、ガウチョパンツ率が上がってきています。トレンドだし、楽だしで人気のようですね。ファッション雑誌でも、よくガウチョパンツってキーワードが出ています。最初、ガチョウパンツってずっと思っていましたが、よく見ると、「ガウチョ」なんですよね。

 

男性はガウチョパンツの存在を知らない方が多いのではないでしょうか?男性目線では、あんまり可愛く思えないんですが、ご覧の男性諸君はどうなんでしょうか?これはトレンドですから、そこは理解するべきなんでしょうね。

 

で、「ガウチョ」の由来が気になったので調べてみました。

アルゼンチンとかの南アメリカで、牛の放牧の仕事をしてる人を「ガウチョ」っていうみたいです。

ガウチョ

 

そして、北アメリカの牛の放牧を仕事にしてる人は「カウボーイ」と呼ばれているようです。同じ職業でも、住む場所で呼び名が違っているんですね。

カウボーイ
でも、カウボーイは細いズボン履いてますよね。同じ仕事していても、衣装ってぜんぜん違うんですね。

 

そしてガウチョパンツがこういう今の流行りになりました。
ガウチョパンツ

なるほどーって感じですね。確かにガウチョが履いているパンツと同じ形ですよね。
ということで、ぜんぜん美容は関係ないですが、ふと思いついて調べてみた報告でした。

 

トレンドは長く続くものから、ワンシーズンで終わってしまうものもあります。ガウチョパンツはいつまで続くトレンドなのでしょうか?ちなみに2010年のトレンドに「カウガール」ファッションがありました。今のガウチョパンツほど印象は残っていない感じです。

カウガール

この時は、カウガールファッションといっても、このミニスカートが流行っていたわけでもなく(カウガールっていうテイストが流行っていた)、たとえこのミニが流行っていたとしても、誰でも着れるか?ってなると、難しいですよね。

 

ガウチョパンツと比べると、断然ガウチョパンツの方が履きやすいです。やはり、トレンドも機能性や汎用性が大事になっていますね。こういうトレンドは長続きしそうな予感です。ヘアスタイルのボブスタイルと同じ感じがします。

個人的には、カウガールファッションの方が可愛く思えますが・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-本質美ギャラリー
-, , ,

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.