バイオプログラミング ヘア レプロナイザー 宮崎亮

ヘアビューザーVSダイソンドライヤーの比較検証動画が撮れました

更新日:

今月発売されたダイソンのヘアドライヤー
「スーパーソニック」
が話題になっています。

お客様からも、
「ダイソンのドライヤーとヘアビューザーはどう違うの?」
というご質問もよくいただきます。

先日にも、ブログで、「ダイソンVSヘアビューザー」
という記事を書かせていただき、
たくさんの方に興味を持ていただいているみたいでした。

ダイソンのヘアドライヤーvsヘアビューザー

あの掃除機で有名なダイソンが、 とうとう美容業界に進出してきました。 そして、その第一弾がヘアドライヤーなんです。   さすが、ダイソンですね。 見た目からしてもコンセプトがぶれていなく、 ...

続きを見る

そして、今回はもう一歩踏み出して、
実際にダイソンドライヤーとヘアビューザーを使い比べてみて、
比較検証をすることにしました。

 

ヘアビューザーとダイソンドライヤーの比較動画

 

実は、動画のモデルさん(RYUKOの大切なお客様)が
ダイソンのドライヤーを入手されたと聞き、
僕の”見せて欲しい”というわがままにお付き合いいただき、
お忙しい中、サロンまで足を運んでいただきました。
この場をお借りして、改めて感謝を申し上げます。

 

*検証動画内での、
”髪の扱いが雑だ”
というコメントが寄せられていますが、
あえて乱れるように風を下から当てて検証しております。
また、手や指がなるべく触れないようにもしております。

 

乾かす時間はダイソンドライヤー「スーパーソニック」

ダイソンのドライヤーのスイッチをオンにした瞬間の
風の量には驚きました。
ホースが急に蛇口から外れて慌ててしまうような感覚でした。

 

風が髪の奥の方まで突き抜けていく感覚もあり、
手で髪をかき分け地肌に風を送り込むようなことをしなくても、
風の勢いだけで、髪をかき分け地肌まで届いていく感じです。
ですから、圧倒的に、
乾かす時間は半分ぐらいなのではないかと予想されます。

 

モデルのお客様も、
ヘアビューザーだと5、6分で乾くところ、
ダイソンのドライヤーだと3、4分程度で乾くそうです。

 

ダイソンドライヤーはきしんで、絡まる

スクリーンショット 2016-04-28 10.46.43

風量のせいもあるかもしれませんが、
ダイソンのドライヤーの風を当てているうちに、
髪が若干、硬さを持ち始めているように感じました。
そして、
指が引っかかるようになり、パサついた感じがしました。

 

僕は、
ここ数年はヘアビューザーしか使用していなかったので、
風によって髪が乾燥していく感覚を忘れていましたが、
久しぶりに感じました。
また、手や指先も水分が飛んで行って、
カサカサしてきた感じもしました。

 

ヘアビューザーの風量が弱く感じる

ダイソンドライヤーの後に使用したせいで、
ものすごく風量が弱く感じてしまいました。
手でかき分けながら、
風を地肌まで通す必要がありますね。

よく耳から下の髪が跳ねる、
寝ぐせがつくという方が多くいらっしゃいますが、
これは、耳下の髪は他の部分より多く、
また、ドライヤーの風が地肌まで通らないことで、
半乾きの状態で寝てしまうことが原因っていうことが多くあります。

ですから、
ヘアビューザー程度の風量のドライヤーでも、
しっかり、指で髪をかき分けて、
地肌に直接風を当てる感覚で使用することが基本
になります。

 

ヘアビューザーの風を当てた途端にツヤが出る

ビューロン2Dプラス1

ヘアビューザーをダイソンドライヤーのように
無造作に当てた途端に、
髪の根元から中間にツヤと潤いが出始めました。

そのまま当て続けるうちに、
毛先までツヤが出てきて、
絡まりも少しづつほぐれてきました

触っていても、
全体的に柔らかさが出てきて、
まるで水分が髪に戻ってきたような感じで、
髪がしなやかさを取り戻し始めたイメージです。

 

結論

ドライヤーに何を求めるかが重要だと思います。
早く乾かしたいなら、
ダイソンのドライヤー「スーパーソニック」

髪を美しくしたい、髪の調子を整えたい、
髪質を変えたいなら、ヘアビューザー2Dplusです。

 

僕の個人的な意見では、
どちらか1台選べと言われたら、
もちろんヘアビューザーです。

髪の仕上がりはもちろんですが、
ヘアビューザーは「髪のプログレス(発達)」
という概念を持っています。

それは、使い続けることで、
髪や頭皮が良い方向へと変化していくということです。
使っている人の未来の髪まで美しくできて、
数年後、10年後に同世代の髪より
若く美しくなっていられるのは、
ヘアビューザーだけですから。

ヘアビューザー・コーチングのご案内

  もしあなたが、 ・ヘアビューザーを購入したけど、使い方がわからない ・ヘアビューザーを購入したけど、価格ほど効果がイマイチ感じられない ・ヘアビューザーが気になるけど、自分の髪に本当に効 ...

続きを見る

 

追記(2018年1月12日更新)

この記事では、
「現在レプロナイザー2Dプラス」の前機種
「ヘアビューザー2Dプラス」での検証結果ですが、
最新機種「レプロナイザー3Dプラス」での
ダイソンスーパーソニックとの検証結果では、
髪が乾く速度は、
レプロナイザー3Dプラスの方が速い結果が出ています。

それについての検証結果は改めて記事にしたいと思いますが、
ひとまずこちらに追記させていただきました。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-バイオプログラミング, ヘア, レプロナイザー, 宮崎亮
-,

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.