スキン 宮崎亮

ヒト幹細胞化粧品のウソ

投稿日:

こんにちは、宮崎です。

 

ちょっと前からヒト幹細胞入り化粧品が流行っているということで、幹細胞美容について色々調べていたら驚くべき真実を知ってしまいました

 

幹細胞化粧品には、幹細胞は入っていない!!

 

幹細胞化粧品に入っている成分は、幹細胞を抽出し培養する際に出てくる ”上澄み液 ”だったのです。

 

そもそも本物の幹細胞美容や医療は、自分から採取した幹細胞でないと意味がないのです。

 

そして、幹細胞は皮膚から入ることはなく、血管に直接接種させる必要があるようです。

 

さらに、その採取・培養の費用は数100万円は必要らしく、半年程度継続して行うと1千万ほどかかるそうです。

 

というわけで、他人の幹細胞の上澄み液が入っているものが、幹細胞化粧品として世の中に出回っています。

 

では、どうして幹細胞培養の上澄み液しか入っていない化粧品が流行っているのかというと、、、

 

その上澄み液には成長ホルモンが含まれているらしく、その効果で肌のコンディションが上がるというのが真実のようです。

 

しかも、その上澄み液がどれぐらい配合されているのか?というのも問題で、、、

 

3%ほど添加されていないと効果が出ないため、3万円以上の価格にしないと利益が出ないほどのコストがかかるそうです。

 

ですから、数千円程度の幹細胞化粧品の効果は、幹細胞でも上澄み液でもない成分によって作られていることになります。

 

どうやら、幹細胞美容医療と幹細胞化粧品での効果には大きなズレがあったということですね。

 

幹細胞という新しいテクノロジーに便乗した、グレイな美容だなっていうのが個人的な感想です。

 

ということで、ヘアケアもスキンケアも、成分に頼る美容をメインにしないほうが良いと考えています。(サブ的に使うのは良いと思います)

 

RYUKOでは、
・東洋医術から発展したバイオプログラミング
・電子レベルで作用する補水、還元美容
・肌の基底層まで代謝を上げる炭酸美容
などの本質的な美容をご提案しています。

 

PS .
本物のヒト幹細胞医療は効果は絶大のようです。現時点で最高のアンチエイジング法だと言われています。

 

しかし、継続していかないとやはり老化は起きるので、コストを平気だと思える人たちにしかできない美容医療ですね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-スキン, 宮崎亮

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.