くせ毛 パサつき プログレス ヘアビューロンストレート レプロナイザー 郷博子

くせ毛な自分を好きになった人の話

投稿日:

こんにちは。
ごうです。

 

20年近く担当させて頂いているお客様のお話です。
その方は ここ10年くらい毎月サロンで「エクセレントプログレス」という、髪のレベルを上げるメニューをされています。
台風の日でも、暑くて倒れそうな日も、 雪の日でも必ず月に1回のプログレスを欠かしたことがありません。

 

ご自宅でも、アイロン型のプログレス機器「ヘアビューロン」とドライヤー型の「レプロナイザー」を毎日使っていらっしゃいます。

 

もともとの髪質はそんなに太いわけではないですが、本数が多く、1本1本にうねりがあり、乾燥気味なので、ふわふわ浮いてしまっていました。
サロンでのオーダーは、「何でもいい、おさまるように」 という感じでした。

 

しかし最近では「できる女風」を目指しています。
長年のプログレスの積み重ねで、久しぶりに会ったお知り合いの方から「何か雰囲気変わったね⤴︎」と嬉しい言葉をかけられるようになったみたいです。
ご自分でも、「最近調子いいよ」と自覚していらっしゃいます。

 

また、以前は乾かすのが面倒そうでしたが、今ではプログレス機器を使って毎日のスタイリングを楽しめるようになったみたいです。
ご自分の髪に期待を持たれるようになったのではないかなーと思っています。

 

こんな風に、無理なく継続できて、気がついたら以前の自分よりも好きになっていたというのは、時代のキーワードでもある「サスティナブル(持続可能)」な美容だと思いました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Hiroko Go

1974年生まれ。岐阜市出身。 カットからメイク、着付けまで出来るオールラウンダー美容師です。 私自身、若い頃から髪を伸ばすだけで枝毛ができたり絡まったりしてしまう、デリケートな髪でした。そんな弱々しい私の髪が今ではロングヘアにしていても、毎日コテで巻いていても、毛先まで艶がある髪になりました。 若いことから美髪プログレスを取り組んできて良かったなーと20年たった今、強く実感しています。 大人の女性の気持ちがわかる私だからこその情報を発信しています。

-くせ毛, パサつき, プログレス, ヘアビューロンストレート, レプロナイザー, 郷博子

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.