スキン

女性の8割がインナードライ肌!改善方法は皮脂対策をやめて水分補給を

投稿日:


スポンサーリンク


ベタついて化粧崩れもしやすいという方は、”インナードライ肌”が原因かも。

気温の上昇と比例して、皮脂の分泌も多くなります。
しかしべたつき肌の原因は、気温や湿度のせいだけではなく、
間違えたスキンケアが引き起こす、”インナードライ肌”かもしれません。
肌がベタついて皮脂対策ばっかりしている人は、
ちょっとお肌のお手入れ、ライフスタイルを見直してみてください。

 

夏は、肌が乾燥することはないと思いがちですが、
汗や皮脂と一緒に必要な水分まで失われ、
クーラーの風や紫外線のダメージで乾燥してしまいます。

 

潤いをなくした肌は、これ以上水分がなくならないように、
皮脂を分泌して肌の表面にフタをします。
そうなると、”外はベタベタ、中はカラカラ”の状態になるのです。

 

この状態が”インナードライ肌”といいます。
自分ではオイリー肌だとおもい、皮脂ケアばかりしていると、
お肌は乾燥してますます悪化してしまうことになります。

ドライスキン図

 

べたつき肌を悪化させるNGケア

① 保湿をしない

肌がベタついて見えるのに、角質層の水分は不足しています
肌表面が潤っているように感じるので、冬に比べると、保湿ケアを怠りがちになります。

 

② 皮脂をとりすぎる

テカリやベタつきが気になるからといって、ついこまめに脂取り紙をつかったり、
1日に何回もゴシゴシと洗顔をしたりと、皮脂をとりがちですが、これは逆効果。
1日に何度も皮脂をオフ続けると、肌表面を守ってくれる必要な油分まで奪ってしまうので、
危機を察知した肌は、皮脂の過剰分泌を始めます。
洗浄力の強い洗顔フォームは控え、洗うときはゴシゴシこすらずに、やさしく洗いましょう。

 

③生活習慣の乱れ

ストレスや睡眠不足が続くと、ホルモンバランスが崩れると同時に、肌機能のバランスも乱れます。
乾燥の原因は、冷房による空気の乾燥や紫外線のダメージだけでなく、
不規則な生活や偏った食生活など、内的要因も関係しています。

 

インナードライ肌の特徴は

・触ると硬い、ザラザラしている
・皮脂がでているのにつっぱる感じがする
・化粧ノリが悪く、崩れやすい
・キメが荒く毛穴が目立つ

などです。当てはまる方は、もしかしたらインナードライ肌かもしれません。
なんと大人の女性の8割がインナードライ肌だと言われています。
水分が足りないと、ターンオーバーが正常に行われず、
シワ、シミ、くすみ、ハリのない肌になり、様々な肌トラブルをおこします。

ドライスキン80%

 

わたしも、自分では乾燥していると思っていなかったのですが、
乾燥肌だと言われたことがあり驚きました。
自分のおもいこみで間違ったケアをしていると、
どんどん悪化させてしまうところでした。
自分の肌質をしって、正しいスキンケアをすることはとても大事ですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-スキン
-

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.