バイオプログラミング ヘア 頭皮エッセンス

K3エッセンス毎日つけても効果を感じないってどういうこと?

更新日:

こんにちはRYUKOの味田です。

『毎日、頭皮のプログレスはしてるよ』
今日のお客様との会話です。

毎月サロンにみえ、ご自宅でもプログレスをしている50代のお客様です。もともと髪もゴワゴワ、パサパサでボリュームが出すぎてしまいまとまりにくい髪質でした。RYUKOに来てプログレスをするようになり4年たった今は髪にツヤが出て、湿度が高くてもまとまっているので、毎日のスタイリングがとても楽になったそうです。

でも今日は、最近ではあまり気にならなくなっていた髪のチリチリやフェイスラインのうねりが少し気になってきたと言われたんです。これは湿度だけのせいではないなと感じたので、頭皮エッセンス(K3)の付け方の再確認をさせていただきました。でも付け方は間違ってはいませんでした。以前にお伝えした順番通りつけてみえたのです。

おかしいなー。なんでかなーと思いながら、色々お話をしていると、、、

「指定された容器に移し替えて使っていたけど、中身の量が減ってくると出にくくなって、ちょっと使いにくいなと思ったから、今は詰め替えずにそのまま使ってるの」

ポロッといわれたのです。これだ!!と思いました。

お客様
「毎日、前に教えてもらった順番で、ちょんちょんとつけているの」

味田
「きっとこのうねりとチリチリは、K3の塗布量がぐんと減ったからですよ」

お客様
「触ると地肌が濡れているから頭皮についている感じはするけど。。。自分では毎日やってるから大丈夫だと思っていたわ。。。でもスプレー容器だと、少なくなってきたときに出にくいし、少し使いにくいし、詰め替えるときもノズルを外すのが硬くてやりにくいんだけど・・」

とこんな会話になりました。確かにそのままつけると、頭皮にポタポタとつける感じになるので、ついている感じはするんです。毎日頭皮のプログレスをしているけど『あんまり変化がわからない』という人は、付ける量が少ない場合が多いのです。毎日やっているけど、塗布量がものすごく少ないんです。でも、自分ではやっているので『やっているのにおかしいなー』という感じです。

もともとK3の容器は出にくいのと、ケースが硬いので押したら出るというものではないし、残量も見にくいので、一回のつける量がバラバラになってしまう方が多かったことから、最適な詰め替え専用スプレー容器を探しました。この容器はちょうどK3、1本分がはいる大きさです。

IMG_1339

確かに大きい分、後ろの方をつけるときは容器が斜めになるので残量が少ないときは、出にくくなるかなと思い、、、

「この半分の量がはいる小さい容器の方なら、コンパクトで使いやすいかもしれないですよ」

と別の小さいサイズの容器お見せしたら

お客様
「この方がやりやすそうだし、容器のままより残量もわかるし一回これでやってみるわ」

と言われました。詰め替える時のノズルが取りにくくて面倒じゃないかなーと思い、、、

味田
「もしご自宅で詰め替えるのが面倒でしたら、空の容器を持ってきていただければこちらで移し変えますよ」

お客様
「ありがとう。早速、今日買っていくK3も詰め替えてもらえるかな?」

という会話がサロンでありました。帰りはとても喜んでみえて、お聞きしてよかったなとおもいました。

毎日毎日コツコツと繰り返していくのが大切なので、ストレスなく簡単に取り組めるのが一番だと思います。いつの間にか自己流になっていることもあるかもしれないし、なんとなくやりにくいなー、こんなときはどうすればいいかな?と思ったときは、どんどん聞いてくださいね。私たちは、お客様の髪が綺麗になることがとっても嬉しいので。

 

PS.今日のお客様のように、スプレー容器が使いにくいなと感じている方も小さいスプレー容器も300円(税抜き)でご用意もできますので、お気軽にご相談くださいね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
味田京実

KYOMI

味田京実。1981年生まれ。岐阜県養老出身。 ゴッドハンド技術(レプロースト、ビューディア)取得者。 20代の頃は、美容のトレンドやデザインに惹かれこの業界に入ったが、30代になり、トレンドやデザインを実現・追及するには、肌質、髪質、健康、メンタルなどの本質的な美しさが整っていないと実現できないことに気付き始めた。バイオプログラミングやゴッドハンド技術と出会い、本質美の重要性を確信する。それ以来、デザインやトレンドを形にする仕事をしながらも、本質美のオピニオンリーダーとして、顧客にアドバイスしている。 味田の記事一覧はこちら

-バイオプログラミング, ヘア, 頭皮エッセンス
-

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.