ヘア

あなたの髪質のできることを、最大限引き出せる人がいます。

更新日:

from : モレラ岐阜のスタバより

こんにちは、宮崎です。

 

先日、サロンの新年会をしました。毎年恒例のお気に入りの和食屋さんです。ゆったりとスタッフみんなと過ごす時間です。

 

最近、仕事中や会議では堅い話が多かったので、今回
はくだらない話ばかりして、みんなで楽しんできました。

 

その和食屋さんは「稲穂」というとっても素敵なお店です。毎年、新年会で使わせていただき、おせち料理を準備してもらっています。

 

稲穂さんは、接客(心遣い)も空間もお料理もバランス良く質が高いです。僕は、そんなに口が肥えているわけではないのですが、ここの料理は、”格”が違うなって感じるんです。

 

おいしいとか口に合うとかそういうレベルではなく、「和食ってこういうことなんだー」って勉強になるレベルです。

 

和食が無形文化遺産になった理由も、稲穂さんの料理を体験していなかったら、全く理解できなかったかもしれません。

 

和食のすごいところはたくさんあると思いますが、やはり、素材の味の特徴を引き出して、活かして、美味しくすることだと思います。

 

例えば、おせち料理に入っている「くわい」ってありますよね。あれは、正直好きじゃないんですが、稲穂さんが出してくれたものだと、おいしいって感じることができます。

 

くわいの嫌な部分を、他の味で消して美味しくしているのではなく、くわいのあの特徴的な風味を美味しくしているって感じです。

 

何をどのように調理しているのかはわかりませんが、そんな料理を食べながら、髪の美しさにもつながるなーって思いました。

 

人それぞれ髪質の特徴が違います。太かったり、細かったり、右に流れたり、左に流れたり、立ったり、寝たり、直毛だったり、クセがあったり、、、、それはもう、ものすごく複雑です。

 

そんな髪の特徴を、押し殺して無理なことをしようとすると、傷んだり、毎日整えるのが難しくなったり、すぐ崩れたりなど、悪循環が起きたりします。

 

でも、一人一人違う髪質の特徴を活かして、ヘアスタイルを作ると、すごく自然に、苦労することなくきれいに髪型が出来ますし、ご自分でも髪型を整えるのが楽チンになるんです。

 

その髪質だから、できる髪型、出来ない髪型っていうのがあります。そこがヘアデザイナーの腕の見せ所です。その髪質のできることを最大限引き出して、できる髪型を増やしていけるのが、僕たち「レプロースト」という技術ライセンスを持ったヘアデザイナーなんです。(レプローストカットという特別メニューがあります)

 

そして、髪はもともと良い特徴を持っているのに、年齢やストレスや体調不良によって、その特徴を低下して行ってしまいます。これを髪の老化といいます。

 

その髪質の特徴の低下を、もともとの状態まで引き上げようとする技術メニューが「エクセレントプログレス」や味田しか出来ない「ビューディアプログレス」といいます。

 

これらの技術を繰り返すことで、あなたの髪のできることが引き出され、知らないうちに、髪のストレスが減っていき、自分の髪が好きになっていきます。

 

年齢を重ねても、同年代の人の髪よりきれいだったりします。それはとても優越感ですよね。

 

稲穂さんの和食のように、すぐに実感ができないかもしれませんが、あなたの髪がもっともっとイキイキとする方法があるんですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-ヘア
-,

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.