ヘア 宮崎亮

決算で髪の立ち上がりが悪くなる

更新日:

こんにちは、宮崎です。

RYUKOは5月が決算なんですが、
そのせいで僕の髪の立ち上がりがとても悪くなりました。
決算が原因というより、スタッフの味田が原因かもしれません。

なぜかというと、、、

味田は在庫の管理者なんですが、
とにかく決算になると余分な在庫を持たないように
異常なまでに絞り込んでくるんです。

味田はああ見えても、かなり真面目なんですよ。

そのおかげで、余分な税金を抑えることができるので、会社としてはとても頼もしい存在なんですが、
あまりにタイトな発注シフトになるため、
お客様優先でスタッフは来月まで待つようにと
指令をだしてきました。

そのせいで、僕は1ヶ月ほど頭皮エッセンスを購入することができなかったのです。

その1ヶ月間、
頭皮エッセンスを使えなかったのですが、
月の前半はそんなに調子は悪くありませんでした。

1ヶ月ぐらいなら大丈夫かなーと思っていたのですが、
後半は頭頂部の髪の立ち上がりがだんだん悪くなってきたのです。

なんとか、ヘアビューザーの冷風を大量にあててしのぎましたが、頭皮エッセンスの時のようにいきませんでした。

やっと6月に入って決算が終わり、スタッフ分の頭皮エッセンスが届きました。
思う存分使いましたよ。
すると、すぐに髪の立ち上がりが復活しました。

ずっと使っていると当たり前になってしまうんですが、
いざなくなるとその違いを感じますね。
来年の決算期は2ヶ月前からストックしておくことにします。

頭皮エッセンスの詳細はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-ヘア, 宮崎亮

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.