味田京美 抜け毛

頭皮の痒み、フケの東洋的解決法

更新日:

こんにちは、味田です。
最近こんなご相談をよく頂きます。

 

・頭皮が痒い
・フケが出るようになった

 

季節的に花粉症の可能性もありますが、
頭皮の痒みやフケが出るというのは、
アレルギー以外にも原因があります。

 

・頭皮に赤みがある
・頭皮に刺激をかんじる
・乾燥してつっぱる
・フケが出る

 

という症状は「過敏性頭皮」と言います。
その原因もさまざまです。

 

・紫外線により、
頭皮の水分量が低下して、敏感になる

・湿度が40%以下になると
ドライスキン(頭皮乾燥)で敏感になる

・過剰な洗浄による皮脂分の流出

・シャンプー、コンディショナー
のすすぎ残し

・花粉症などのアレルギー

 

など主な原因だといわれています。

 

ここで絶対にやってはいけないのは、
“ ゴシゴシ ” シャンプーです。
痒みやフケを落とそうと
ゴシゴシ洗いたくなりますが、
超ソフトにシャンプーしてください。

 

もう少し深掘りすると
過敏性頭皮の引き金になるのは
・長期、慢性てきストレス
・ホルモンバランスの崩れ
のふたつです。

 

睡眠不足や疲れなどから
ホルモンバランスが崩れるので
ゆっくり体を休めるということも
考えないといけません。

 

東洋医学では、
22時から朝方5時が一番
「気」が溜まるといわれています。

 

その時間にしっかり睡眠を取ることで、
自律神経が安定したり、
ホルモンバランスがととのったり、
免疫力アップします。

 

痩せ体質になるなどの
プラスの効果もたくさんあるんです。
早起きは三文の得という言葉もありますが、
健康や美容にもメンタルにも
良いことだらけですね。

 

わたしも就寝・起床時間を管理して、
十分な睡眠と朝の静かな時に
自分の時間をゆっくり過ごすことで
リラックスライフを実践しています。

 

日常の生活を見直しながらも、
今の症状を軽減することをから
始めてみましょう。

 

RYUKOでは
痒みやフケを抑えてくれる
敏感肌用のアイテムもございます。
気になることがあれば、
いつでもご相談くださいね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
味田京実

KYOMI

味田京実。1981年生まれ。岐阜県養老出身。 ゴッドハンド技術(レプロースト、ビューディア)取得者。 20代の頃は、美容のトレンドやデザインに惹かれこの業界に入ったが、30代になり、トレンドやデザインを実現・追及するには、肌質、髪質、健康、メンタルなどの本質的な美しさが整っていないと実現できないことに気付き始めた。バイオプログラミングやゴッドハンド技術と出会い、本質美の重要性を確信する。それ以来、デザインやトレンドを形にする仕事をしながらも、本質美のオピニオンリーダーとして、顧客にアドバイスしている。 味田の記事一覧はこちら

-味田京美, 抜け毛

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.