バイオプログラミング 宮崎亮

【追悼記事】クロバが永眠しました

投稿日:

こんにちは、宮崎です。

 

今日は悲しいお知らせです。

 

先週、宮崎家の居候「クロバ」が永遠の眠りにつきました。

 

クロバは、錦花鳥(キンカチョウ)という小鳥です。スズメよりも小さく、10センチほどの大きさです。

 

毎日、「テケテケテケテケ」「ビャービャー」と
ちょっと変わった鳴き声で騒いでいるんですが、
ある日の夕方、
そういえば今日は姿を見ていないと気づいたんです。

 

そして、巣の中を覗くと、、、

 

グッタリしていました。これが最後でした。

 

そんな彼は、
実はこのメルマガに本質美を語る投稿してくれてるんです。
ぜひ、クロバを偲んでごらん頂けると嬉しいです。

オレ、キンカチョウのクロバや。覚えてる?

みんな久しぶり! オレは宮崎のうちに居候しているキンカチョウのクロバや。 前に、「この鳥の鳴き声はなんて聞こえますか?」 みたいな記事に登場したんやけど覚えてる? アレはオレのことをバカにしてるよなー ...

続きを見る

【クロバ】頭の毛に立ち上がりを・・・

久しぶり!オレ、クロバ!覚えてるよな。 宮崎の家で居候してる、錦華鳥(キンカチョウ)だよ。 今日でこのメルマガに登場するのは3回目だ。 1回目「これなんて聞こえますか」 2回目「オレ、キンカチョウのク ...

続きを見る

クロバの鳴き声と動きの動画はこちら↓

コレ↓なんて聞こえますか?| RYUKO

こんにちわ、ごうです。 予約のお客様のキャンセルになったので書いています。   突然ですが、我が家で飼っている『キンカチョウ』の鳴き声がユニークなんです。 何パターンかありますが、その中の一 ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-バイオプログラミング, 宮崎亮

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.