ヘア

図書館と艶髪(メディアコスモス)

更新日:

from : 宮崎亮
メディアコスモスより

 

こんにちは。

 

今日は祝日で、娘の休みと僕の休みが同じです。
娘はどこかに出かけたい。
僕は仕事したい。
ということで、両方の希望が叶う場所を考えたところ、メディアコスモスに行くことにしました。

 

メディアコスモスは、岐阜市の図書館です。去年オープンしたばかりの最新な図書館です。天井は、ヒノキかなにかの木で組まれていて、自然の気持ち良い香りがしてとても居心地がいい空間です。

 

娘ものんびり過ごすのが好きみたいで、休みがあえばよくここに来ます。

 

特にこのシーズンは、受験生も多くいます。塾の自習室みたいになっています。絵本の読み聞かせなどのイベントや幼児専用のキッヅスペースもあったりして子供連れの家族も結構います。

 

有線ですが、インターネット回線も自由に使えるので、僕みたいな仕事をしている男性や、大学生も多くいます。

 

とにかく、老若男女が集まる空間になっています。岐阜にショッピングモール以外でこんなに多くの人が集まってくる場所は少ないですね。

 

ちょうど今僕は、飲食自由のスペースにのんびりしています。そこにはローソンも入っていて(来月からスタバもはいるらしい、、、)、いろんな人が自由に過ごしています。世間話にきているご婦人方もいらっしゃいます。

 

そこで、ふと視野を広げて空間を眺めていたら、やはり職業柄かこんなことを感じてしまいました。

後ろ姿でも、年齢ってわかるなー

服装もだけど、髪のツヤって大事だなー

って思いました。

 

ここはフリースペースなので、受験生たちの隣で、世間話をしているご婦人たちががいる状況です。声は聞こえなくても、髪の長さが同じようでも、髪のツヤを観察すると、おおよそ年齢が的中します。

 

そこで、こんなことも思いました。

もしここに、僕のお客さんがいたら、、、、

「うわー騙されたー」

って驚くんじゃないかと。。。

 

きっと、RYUKOにきている女性は、年齢より若いツヤ髪なはずです。受験生に勝てなくても、同世代よりはツヤがあるはずです。そうあってほしいです。

 

僕の頭の中の、レプロースト(ゴッドハンド美容師)の使命感フォルダに、一つ新しいイメージが加わりました。

 

あなたがもし、メディアコスモスのような、大勢の人がいる中で、誰かあなたの後ろ姿をみている人がいて、そしてあなたがその人の方に振り向いたとき、あなたを見ていた人が「大学生かと思った!!!」

 

って驚かれるシーンです。

 

それを実現できるように、僕も日々鍛錬します。
あなたも、髪のお手入れ頑張ってくださいね。

 

追伸:ヘアビューロンのストレートアイロンが出ました。ものすごいツヤが出ます。そして、高温でも傷まず逆に髪が美しくなります。動画を作ってみました↓
https://youtu.be/4MHOwxT76GU

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-ヘア
-,

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.