ヘアケアアイテム メンタル 郷博子

ロハス思考の友達が、考えを変えた!

更新日:

こんにちは、ごうです。

 

これは、私の友達で、
超ロハス思考の子が、
プログレスの楽しさを知り、
考え方が変わってきたお話です。

 

彼女は、食事はベジタリアン。
パンには、ライ麦やナッツを使って
自分で焼いたり、味噌を自分で作ったり。

 

ヘアケアは、界面活性剤を使わず、
石鹸成分のシャンプーを
1日おきにつかって、
自分の皮脂がいいと言っていました。

 

スキンケアも、
手作り化粧水のみだったり、
メイクも手作りのリップのみ
を使用していました。

 

そんな彼女の髪は、
なんとなくねっとり、
ぺったりているように見えました。

 

そんな彼女が、
自分の45歳の誕生日をきっかけに、
ヘアタイムセスの21日プランを
始めました。

 

(21日プランとは、
RYUKOが推奨する
ヘアタイムセスエッセンスの
使い方サポートです。)

 

今のお手入れのままで本当に足りているのか?

 

自分の将来の髪に、
不安をもったみたいです。

 

確かに、
石鹸成分のシャンプーは、
独特のかたさが残ったり
年齢を重ねた皮脂は、臭いが出たり、
ベタッとしたりします。

 

でも、年齢と共に、
髪のボリュームの必要性を
感じてきていたようです。

 

21日プランでお手入れを始めていくと、
髪はみるみる艶がでて、
髪の根元もたちあがり、
ふんわり自然なシルエットになりました。

 

あの、ぺったり張り付いたような
髪の根元はうそのようです。

 

そんな彼女の尊敬出来るところは、
教えられた事を
毎日コツコツやり続けるというところです。

 

21日プランも、
毎日コツコツやり続ける事が必要です。

 

この、コツコツやり続けるという事が
1番難しいことなんですよね。

 

一回で、劇的に変わることなんてあり得ないと、
むしろ怖いと、
心の奥底でわかっている方も多いはずです。

 

それをやり続ける彼女は、
さすがだと尊敬します。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ヘアケアアイテム, メンタル, 郷博子

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.