くせ毛 バイオプログラミング 宮崎亮 頭皮エッセンス 50代

50代女性「自分のくせ毛を好きになりたかった!」

投稿日:

こんにちは、宮崎です。

 

写真の女性は50代です。
写真はカットして乾かしただけの状態です。

 

正直、この写真を見て
「そんなにキレイじゃないじゃん」
って思いませんでしたか?

 

たしかにブログにアップするには
少し綺麗さが足りない感じがしますよね。

 

でも、この方はすごいくせ毛で、
このボブにする前は、ミディアムのレイヤースタイルでした。
広がっても跳ねても良いスタイルでした。

 

しかし、50代になった時に、
これからの10年の髪型を変えたい!
ということで、このボブにチャレンジしたのです。

 

以前では、ボブなんて危険でできませんでした。
やりたいと言われても、僕は止めていました。
でも、彼女の髪を見てきて
なんとかいけるんじゃないかと思ったんです。

 

以前なら乾かしただけでは、
こんなシルエットに収まらなかったと思います。
だから、この写真はあなたにとっては綺麗じゃなくても
彼女からしたら脅威的な美しさなんです。

 

彼女は頭皮のエッセンスを使い続けて
ここまで収まるようになりました。
そして、こんなことも言われます。

 

「ツヤツヤの髪はうらやましいけど、
自分のくせ毛を好きになりたかった。
そして、今は好きになれた」
と言っています。

 

頭皮エッセンスはこちら
21日間のチャレンジしてみませんか?
http://hairbeauroncurl.ryu-ko.net/wordpress/21dayscalpprogressk3/

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-くせ毛, バイオプログラミング, 宮崎亮, 頭皮エッセンス, 50代

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.