食育

夏太りする原因が意外!汗をかき過ぎる、食べる量が減ること

投稿日:

ダイエットの味方にもなってくれる、基礎代謝の上げ方については、以前お話しました。
今回は、痩せやすいとおもっている夏は、じつは、痩せにくい季節だった
というお話です。

ちょっと動いただけで、汗がでるし、暑さのせいで、食欲もない・・・。
『夏痩せ』なんていう言葉もあるし、
なんだか、生きているだけで、痩せてしまいそうな印象ですね。

しかし現実はそう甘くはないのです。
夏は痩せるどころか、太るリスクのほうが遥かに高いことをご存知でしょうか?

 

夏太りする原因

では、その原因は一体どこにあるのでしょう。

1. 暑くて汗をかく量が増える
2. 食べる量が減る
3. 基礎代謝が低下

3は以前お伝えしましたが、1と2は、
えっ?????
とおもいませんでしたか?
一見、痩せそうな感じですよね。
そこに、夏に痩せにくい落とし穴があります。

 

1・暑くて汗をかく量が増える

汗をかくと、カロリーを消費しているようにおもいますよね。
汗はおもに、運動した時と外気温が高い時にでます。
同じ汗でも、仕組みが違うようです。

 

暑さで出る汗は、体温調節のためのものです。
体内の上昇温度を下げるために体内の水分を発散して、その気化熱で身体を冷やそうとします。
これはカロリーを消費しているわけではないのです
でも、暑くて汗をかくと体重が減るというのは、
あくまでも、水分がでただけで、脂肪が燃焼されているわけではないです。

 

少し動いただけでも暑いので、なるべく動きたくないなーと活動量が減りやすいので、
エネルギーが消費されないため、痩せにくくなってしまいます。

 

2. 食べる量が減る

暑いと食欲もなくなり、これは痩せるチャンスと思っている方もおおいですよね。
確かに、食べる量を減らせば一時的に体重は落ちます。
しかし、人間の身体は飢餓状態に置かれることで、
エネルギーの吸収率を最大化する働きが起こり、
ほんの少量の食事を摂取しただけで、
普段の摂取エネルギー量をオーバーしてしまうのです。
つまり、食べる量に関わらず太りやすい体質になってしまうということですね。

 

どちらも一見痩せそうな感じですが、体の根本的な仕組みを知っていると、
痩せやすい体を手に入れる近道になるかもしれませんね。

 

しかし夏バテしないようにといって、スタミナ料理や油っこいものをたくさん摂ることは確実に太ります。
暑いからといって、冷たい飲み物や、ビール、アイスクリーム、かき氷を摂りすぎるのも、
体を冷やしすぎてしまうので、よくありませんね。

 

私もよく食べてしまいますが、暑いと喉越しの良いそうめんや、冷やし中華などがたべたくなりませんか?
炭水化物がメインになってしまい栄養が偏ってしまいます。
食欲が低下した時は無理に食べる必要はないですが、
栄養素のバランスは気をつけて、体の調子を保つのは大切だなと思います。

 

私も夏は、痩せやすいと思っていました。
汗をかいても失われるのは脂肪ではなくて水分だったり、
食欲がなくて、体重がおちても一時的なものだったりします。

 

夏が終わると食欲の秋が来ます。
そこでリバウンドして”痩せる前よりも太ってしまった”なんてことがないように、
生活の基本、食べる、寝る、運動をみなおしたいですね。
私も運動不足なので、体を動かして汗をかくことを意識しようと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-食育
-

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.