宮崎亮

パサつかないパーマ出来ました

投稿日:

こんにちは、宮崎です。

 

「パーマがすぐ取れるから持ちを良くしたい」
「もっとボリュームが出るようにしっかりかけて』
「大きい立体感のあるウェーブにしたい」
「乾かすだけでもセットできるようにしたい」

 

という要望が多いのですが、ロッドを小さくしたり、ロッドは大きいまま薬剤を強くしたりなど、色々な調整をします。

 

しかし、その調整が少しバランスを崩すと、パサついたりしてしまうんです。

 

パーマ技術というのは、業界的にもまだ「コレ」っていう論理が確立されていません。

 

なので、課題がたくさんある技術です。

・傷ませない薬剤の使い方
・ウェーブの計算方法
・ウェーブの持ち、再現性
・時間短縮

などなど。
長年、しっくりくるアイデアを探していました。

 

そんな中、夜中にダラダラしていたら、ふと思いついたんです。
・薬剤を効かせること
・ロッドの形をつけること
この二つを分けてしまえば、、、、

 

このアイデアがいい感じになったのです!

 

日本人の髪は、パーマの薬剤にとても弱い質をしています。キューティクルが荒く、層が薄いからです。

 

薬剤が浸透しすぎると、キューティクルがめくれたり、シワシワになってガサガサしてしまいます。

 

なのに、太さがあったり、芯が強かったり、キューティクルが薄いせいで、ロッドの跡がつきにくい性質もあります。

 

そのため、ロッドの形をしっかりつけるためには、長い時間放置する必要もあります。

 

特に、エイジングが起きた髪や、カラーリングをしている髪は、なかなかロッドの跡がしっかりつきません。

 

かといって、長く放置すると、薬剤が効きすぎて髪が傷みます。薬剤を弱くすると、持ちが悪くなります。

 

実際、パーマ液は1〜5分で十分に効いています。しかし、ロッド跡は15分以上は必要です。

 

いろんな矛盾が付きまとっているんです。サロンワークでは時間の制約もありますしね。

 

薬剤とロッド跡を分けて考えるアイデアが、その矛盾を解きました。コロンブスの卵的です。

 

ロッド巻いて

薬剤つけて

1〜5分以内にお湯で流す

跡が付くまで、温めたりしてじっくり放置

固定する薬剤

 

というプロセスにしたら、大きいロッドでも綺麗なウェーブが出るし、パサつきも起きなくなりました。

 

時間も短縮されましたし、何よりも、パーマ施術が楽しい!!

 

ということで、RYUKOのパーマは進化しました。
もちろん完璧などないですから、課題は出てくると思います。

 

だけど、僕は信じています。課題を明確にすれば、必ず解決方法が出てくることを。

 

その繰り返しと信念で、常に技術開発が行われております。

 

ぜひ、パーマは傷みそうで怖いなって思われている方も、久しぶりにパーマを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

P.S.
課題を明確にするというのは、文章にしてみることです。問題解決のいろんなフレームワークが世の中にはありますが、まずは書き出すことが大切ですね。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-宮崎亮

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.