パティシエ

ヘア

有名パティシエさんの思い   

更新日:

こんにちは味田です。

昨日お客様が、お子さんの学校で有名パティシエさんのお菓子作り教室に参加された時のお話をしてくださいました。

プリンで有名なパティシエさんのお話です。

今のパティスリーをオープンする前に、ネット専門販売のお店を、3人の有志の方と設立されました。一個600円ほどする高級プリンなのに予約が殺到し、数ヶ月待ちになるほどの人気店になったようです。

私も一個600円くらいするプリンってどんなんだろうと一度食べたことがありましたが、確かにプリンってこんなに美味しいんだ〜と感動した覚えがあります。

このお店は人気店になったと同時に、2人のパティシエさんは『もっとたくさん作りたい』といいました。ところが、このオーナーパティシエさんは『自分で出来る範囲でやりたい』という思いがありました。その意思の違いから、オーナーパティシエさんの方が人気店を退職したというのです。そして今の新しいお店を始められたのです。

パティシエこだわり

この新しいお店にはこだわりがありました。世界中を自分の足で歩き、自分の五感で選び抜いた食材のみを使用して、とことんおいしさと鮮度にこだわりたいと。

たくさん生産して、たくさん販売しようと思うと、すぐ手に入る食材にしか使えない。自分の目が届かなくなるかもしれない。

お菓子を通じてお客様とのご縁を大切にしたいというオーナーパティシエの思いが、自分の目で見て選び抜いたものを使い、本当に良いものを届けたいという形になったんだな〜と思いながらお話を聞いていました。

RYUKOでも新しい商品を導入するときは、何度もテストし、自分たちも使い自分たちの目で確かめ、全員がOKがでるまで販売開始になりません。こんなのがあるといいな〜と色々な商品を試したり探したりして、いろんなテストを乗り越えてやっとRYUKOでは販売されるんですよ。

RYUKOこだわり

髪の美しさを求めていくと、体の健康や心の満たされ具合で髪は変わるのがよくわかるようになります。髪が体や心を表しているんだなととても実感します。パティシエさんとは業種は違いますが、私は『髪』や『美』を通じてお客様の幸せな人生にもっと貢献したいと思いました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
味田京実

KYOMI

味田京実。1981年生まれ。岐阜県養老出身。 ゴッドハンド技術(レプロースト、ビューディア)取得者。 20代の頃は、美容のトレンドやデザインに惹かれこの業界に入ったが、30代になり、トレンドやデザインを実現・追及するには、肌質、髪質、健康、メンタルなどの本質的な美しさが整っていないと実現できないことに気付き始めた。バイオプログラミングやゴッドハンド技術と出会い、本質美の重要性を確信する。それ以来、デザインやトレンドを形にする仕事をしながらも、本質美のオピニオンリーダーとして、顧客にアドバイスしている。 味田の記事一覧はこちら

-ヘア
-, , ,

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.