メンタル 宮崎亮

[オススメ書籍]間違ったポジティブ思考があなたを消耗させている

更新日:

こんにちは。宮崎です。
僕は月に1、2冊程度本を読むように心がけているんですが、先日なかなか面白い本に出会いました。その本は、楽に生きる、ストレスを少なくする、自分らしさを見つける、自分の個性を肯定する、自分に自信が持てる、セルフブランディングができて仕事やコミュニティーなんかで自然と結果をだせる、、、などのヒントがたっぷり詰まった方でした。

間違ったポジティブ思考

メインのテーマが、多くの人がポジティブ思考の仕方が間違っていて、余計に疲れてしまっている。無理で間違ったなポジティブ思考の仕方で脳のエネルギーがなくなってしまって、行動できなくなったり、自分に自信が持てなくなったりしているという内容です。

「脳科学的な本物のポジティブ思考の仕方」ということが書いてあります。「うわーむつかしそー」って思われるかもしれませんが、とってもわかりやすく簡単で親切な表現で書いてあるので、すごく読みやすい本でした。著者は茂木健一郎さんです。有名な方ですよね。

なぜこの本をみなさんに紹介しようと思ったかというと、理由が2つありあす。一つが僕自身が少し楽になったということと、二つ目が、メンタルの疲れが髪に出ている方が多いなーと普段から感じていたからです。

行動が億劫になる

僕自身のことでいうと、体は健康でよく睡眠もとっているのに、なんだか疲れやすかったり行動するのにエネルギーが今まで以上に必要だったりするのを感じていたんですが、その本に書いてあるポジティブ思考とネガティブ思考の関係を知ってから、実は脳や心が疲れていたんだーと実感して、それ以来軽く行動に移せるようになりました。心や脳が軽くなったのを実感しています。

美髪の邪魔をする

そして、みなさんも多少でも心や脳が軽くなれば、髪がもっと美しく若くなるのではないかと思いました。メンタルの疲れというのは結構プログレスの邪魔をしてしまいます。本当なら10段階プログレスされるはずが、7段階ぐらいになってしまったりします。せっかくプログレスされて綺麗に仕上がっても、それが次の日には崩れてしまう原因にもなります。

ネガティブ思考の付き合い方

この本に書いてある”間違ったポジティブ思考”というのは、ネガティブな感情や思考が出てきたときに、強引にポジティブに切り替えようとすることだと書いてあります。また、物事を決めつけたり、常識にとらわれている状態で”間違ったポジティブ思考”を行うことで、どんどんあなたの良さや個性、可能性が隠れてしまって、脳や心のエネルギーが消耗されていくということです。

正しい本物のポジティブ思考をするには、まずネガティブ思考への捉え方が大事であったり、思考の切り替え方や、物事の捉え方、日常や仕事のときの思考方法などがとてもわかりやすく解説されています。

もし、最近なんとなく心身が重いなーとか、自分がつまらないなーとか、昔みたいにチャレンジできないなーって感じていれば、とっても良いヒントになってくれると思います。ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-メンタル, 宮崎亮

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.