キュレイナ デバイス バイオプログラミング ヘア 宮崎亮

キュレイナ3Dプラスを使ってみた動画と説明(プロローグ)

投稿日:

こんにちは、宮崎です。

 

この記事では、
キュレイナ3Dプラスの機器の説明と、
実際に使ってみた時の動画をお見せします。

 

キュレイナ3Dプラスは、
本質美とデザイン性を両立できる
画期的な美容機器です。
今までも、ヘアビューロンのカールや
ストレートが出ていますが、
もっと簡単に髪の形を操りながら
本質的な美しさを実現できます。

 

ただ、僕たちはクルクルドライヤー系の
機器をサロンで使用したことがなく、
自分自身でも使うことがなかったため、
どれぐらいの可能性と価値を
秘めたものなのかを、
すぐに感覚的にもつかむことが
できませんでした。

 

また、サロンで仕上げの時に使うのが
不自然で、お見せしている方も
まだ少ない状態です。

 

しかし、最近やっとキュレイナ3Dプラスの
可能性を強く感じることができました。
その可能性は、
言葉よりも動画が一番伝わるのではないか?
という考えから、
今後もキュレイナ3Dプラスを使うと
こんなことが起きる!
という情報を動画でお届けしていく予定です。

 

この記事は、
その第1弾のプロローグとして、
基本的な性能がわかるような
動画をお届けします。

 

キュレイナ3Dプラスの商品解説

キュレイナ3Dプラスとは、
レプロナイザーとクルクルドライヤーと
ヘアビューロンが一体化した美容機器です。

 

もちろん、
髪の本質美を引き出す
プログレス機能はついています。
3Dプラスなので一番レベルの高い仕様です。

 

髪の本質美を引き出す風や熱を作る本体と、
ブラシ型のアタッチメントと、
コテ型のアタッチメントの
3つがセットになっています。

 

キュレイナ3Dプラスの本体

キュレイナ3Dプラス本体に、
アタッチメントを装着せずに
スイッチを入れると、
温風と冷風が出ます。

 

この風は、
レプロナイザー3Dプラスと同じレベルの
プログレス度です。
風はレプロナイザーの弱風よりも弱く、
ロングヘアの方や、髪が多い方は
キュレイナ3Dプラスだけで
濡れた髪を乾かすのは
かなり時間がかかると思われます。
しかし、ショートヘアやボブ程度なら
キュレイナ3Dプラス本体だけの風で
乾かせます。

 

ブラシ型のアタッチメント

ブラシ型のアタッチメントを
キュレイナ3Dプラスに装着すると、
ブラシの間から風が出てきます。

 

この時の風は、
本体のみの風よりもさらに弱くなります。
ブラシを装着した状態では、
ショートヘアでも乾かすのは困難です。

 

しかし、ブラシを直接地肌に当てても、
地肌が熱くなることがないので、
根元ギリギリからしっかりと
コントロールすることができます。

 

そのため、根元の立ち上がりを出したり、
根元から流したい方向へ髪を向かせたり、
余分なクセや毛流れを
根元から取ることができます。

 

もちろん、毛先を丸めることもできます。
その際、
ヘアビューロンでは火傷しないように
手を機器に触れないように気をつけながら、
セットしていた方でも、
キュレイナ3Dプラスでは
直接手でブラシ部分に手を触れて添えても
熱くないので、
セットが簡単に直感的に行えます。

 

コテ型のアタッチメント

ブラシ型のアタッチメントとは別に、
コテ型のカールタイプの
アタッチメントがあります。
このアタッチメントを装着すると、
風は出ずに熱のみが
アタッチメントに伝わります。
最大180度まで上がります。
弱では120度程度の熱です。

 

しかし、
熱は高くても、触ることができます。
アタッチメントの突起部分は
熱くなりません。そのため、ブラシ型同様に
根元ギリギリから当てることもでき、
手を添えながらセットすることができるので
難しいテクニックなど使わなくても
直感的に使用することができます。

 

毛先のカールや、
髪表面の動きを強く主張したいときは、
ブラシ型よりもコテ型のアタッチメントが
適しています。

 

キュレイナ3Dプラスを使ってみると、、、

個人的には、
コテ型のアタッチメントを使用した時に、
キュレイナ3Dプラスの可能性や
新しい価値を感じました。

 

そのため、プロローグとなる最初の動画は、
キュレイナ3Dプラスに
コテ型のアタッチメントを装着した状態で
使用した際の髪の変化を
みていただきたいと思います。

 

モデルは当サロンのスタッフ36歳です。
元の髪質は、硬くパサつきやすい髪。
半年前から、頭皮エッセンスを使い始めて、
だいぶしなやかさが生まれてきた状態です。

 

まとめ

実は、
アタッチメントにも髪の本質美を引き出す
効果が入っています。
なので、電源を入れなくても
アタッチメントで髪を梳かすだけでも
髪は艶やかになり、潤い、透明感が
生まれるんです。

今後は、いろんな髪型に対しての使い方を配信していきたいと思います。

 

キュレイナ3Dプラスもいいけど、
髪の本質美の始まりはここからです
21日間美髪プラン

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-キュレイナ, デバイス, バイオプログラミング, ヘア, 宮崎亮

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.