サロン ヘア 宮崎亮

予定通りにオープンできました!

投稿日:

こんにちは、宮崎です。

 

本日から新しいサロンにて営業を開始いたします。

 

実は、出来上がったのが昨日でして、工事と引越しと清掃作業とシミュレーションが同時に行われていました。

 

現場監督さんも、こんな状況は初めてだったと、異例のスケジュールのようでした。今思い返すと確かにカオスな状況だった気がします。

 

引越しも、外部の方にたくさん協力を頂きました。身内、メーカー、ディーラー、お客様にも、、、おかげで今日のオープンに間に合うことができました。

 

13年前の開業時は、自分たちだけで行っていましたので、それを思い出すと、今は多くの方達に支えられてるんだなってとても幸せに感じました。

 

今回の工事の現場監督さんは、工事が始まってから一回も休んでいませんでした。最初の打ち合わせにないオーダーもサクッとやってのけてくれて、その仕事への責任感はとても勉強になりました。

 

外見は豪快で大雑把そうなのですが、仕事や人柄は優しく繊細な方でした。毎朝、共用トイレの掃除をされていたのを知って驚きました。

 

工事中は、自分のイメージ通りに出来上がるのかが不安になってくるのですが、安心して委ねることができました。

 

ほぼイメージ通りの出来栄えです。スケッチ通りでは機能面での不具合や、デザイン的な違和感などを上手く考慮して変更してくれたりしています。

 

 

 

 

いい物を生み出そうとするのは、お金次第な部分があるように思われますが、そうではなく信頼関係がかなり大きいなってすごく勉強になりました。

 

そして、双方が良いイメージに向かって取り組んでいるというのが、精神的にとても気持ちが良いことだと感じました。

 

ということで、本日から新しいRYUKOが始まります。まだ仕事の不慣れさが感じ取れるかもしれませんが、お客様に豊かで心地よい空間・時間を過ごして頂けるよう精一杯励んでまいります。

 

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

 

p.s.
新しいサロンのチェアやシャンプー設備はすごく気持ち良いと思いますよ!楽しみにしていてくださいね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-サロン, ヘア, 宮崎亮

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.