レプロナイザー 宮崎亮

レプロナイザー4Dプラスはかなり違う!!

投稿日:

こんにちは。宮崎です。

 

来年になるかと思っていた
レプロナイザー4Dプラスが、
先週届きました。
パッケージデザインも
随分豪華になっています。

 

早速開けてみると、、、

箱の構造も凝っていて、
本体のデザインも
なかなか高級感に溢れる感じでした。

 

持ってみると、、、

持ちやすい!
そして、軽くなってる!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

そして、風を出そうと思ったら、、、

どのボタンを押しても動かない!?
あれ???
と思い、説明書をみると、
主電源ボタンがありました。

 

主電源のあるドライヤーなんて
初めて見ました。
主電源は、風量調整ボタンの裏側にあり
押してみると、、、

 

ピロロロロン♪

 

と、
ヘアビューロンと同じメロディーがなり、
それには、ちょっと笑えました。

 

そのあと、3段階の風量調整ボタンの
どれかを押すと、風が出てきます。

 

一番強い3のボタンを押すと、、、

かなり強い風が出ます。
この風量は、かなり乾くスピードが早く
僕たちの仕事でも時短効果が出そうです。
情報では、ダイソンのドライヤーと
同じ風量の強さだそうです。

 

しかし、その風の質感は
とても優しく、柔らかいんです。
強いのに柔らかい。
熱いのに柔らかい温泉のお湯のようです。

 

次は、冷風にしようとボタンを探すと、、、
風量調整の上部にありました。
一度押すと、ピッと鳴り青いLEDがつき、
冷風になります。
もう一度押すと、ピッと鳴り赤いLEDがつき
温風に戻ります。

 

以前の機種ではできなかった、
どの風量でも冷風を出しっ放しにできる
機能があるというわけです。

 

早速、
届いた直後のお客様に使用してみると、、、

デリケートで細く、チリつきがあり
パサっと広がる髪質の方でした。
レプロナイザー4Dプラスの風を当て、
3秒から5秒ぐらいで、
いきなり髪質が変化してしまい、
それを見てた僕と味田は、
「おお!!」
と心の声が漏れてしまいました。

 

しっとりとして、厚みも出て、
髪に勢いが出てきたのです。
手ぐしを通しても、
全く引っかかりもなくなりました。

 

使い続けた時の髪質が変わっていく
プログレス度も強くなっているのですが、
まずは、当てた瞬間の髪の変化の早さが
秒速であったことに本当に驚きました。

 

もちろん、髪だけでなく、顔に当てても
かなり良い効果を発揮します。
スキンタイムセスをつけてから
風を当てると、
肌のプログレスが加速しそうです。

 

この驚きは、みんなに体験してもらいたいと
心から思いました。
みなさんに、
欲しくさせるための体験ではなく、
純粋に、髪のプログレスのスピード感や、
ここまで技術が向上してきたという
体験を感じていただきたいという思いです。

 

レプロナイザー4Dプラスは、
過去最高の価格です(汗)
5万2000円プラス消費税です。
なので、安易なものではないですし、
今までの機種も、修理すれば長く使えます。

 

まだ、レプロナイザーを
1台も持っていないという方や、
白い本体に青いノズルの
過去機種をお持ちの方には、
ぜひ4Dプラスを入手してほしいと
思いますが、、、

 

とにかく、
この体験をしていただきたいという思いで、
しばらくサロンでは、
みなさんに髪を持ってもらい
そこにレプロナイザー4Dの風を当て、
急に変化するということを
勝手に体験してもらうかもしれません。

 

それは、プレゼンではなく、
ただのパフォーマンスだと思ってください。

 

ということで、
今後もいろいろな使い方などを
研究していきたいと思っております。

 

ps.
初回発注のすぐにお渡しできる在庫は、
残り1台です。
次回発注は、年明けとなりますが、
いつものパターンですと、
生産が追いつかず、
注文後1週間でのお渡しは難しそうです。
ただし、期間限定商品ではありませんので、
焦る必要がございません。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-レプロナイザー, 宮崎亮

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.