食育

レタスの体にあった中医学的食べ方

投稿日:

みなさん、レタスはどうやって食べることが多いですか?
私はレタスはもっぱらサラダですね。生食がほとんどです。

 

食物のことを色々調べていると中医学(漢方)では、
「レタスは体を冷やす食べ物」
に分類されるそうです。

 

なので、この暑い季節はとくにレタスはサラダで食べるのが向いているそうですが、
実はそんなに単純なものではないそうです。

 

中医学では、まずその人が、「熱タイプ」か「寒タイプ」かを見ます。
人間の体は、常に熱を作りだしていますが、熱タイプか寒タイプかは、
その産出量の過少で判断します。
体で熱を作りだす量が、必要量よりも多ければ熱タイプ、少なければ寒タイプになります。なので、熱タイプの人はレタスを生で食べることは向いているそうです。
しかし、寒タイプの人が生でレタスを食べると体の芯を冷やしてしまって
冷房などでの芯からの冷えを余計に悪化させてしまうそうです。

 

寒タイプの人が、季節ものの寒タイプの食物を摂るときは
熱を通して食べることがオススメです。
レタスのシャキシャキ感が好きな方には物足りないですけどね。

 

私はきっと寒タイプの人間なので、
レタスより、生姜を食べないといけないようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-食育
-

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.