ヘア

篠原涼子みたいな、艶(あで)やかなヘアスタイルの作り方

更新日:

from : 郷博子

 

「篠原涼子みたいになりたい!!」

 

先日、こんなオーダーがありました。

 

その方は、ロングで黒髪、生えグセがあり、少しうねりのある髪質の素敵な大人な女性でした。

まず、スタイルを作る前に、イメージをより具体的にしてみました。

 

「艶(あで)やか」

「作ってなさそう」
「無造作な」
「風にふかれてるみたいな」

 

『艶(あで)やか』
97%は、わかるけど、3%は怪しいので、Googleさんに聞いてみました。

 

Googleさんによると…
『艶(あで)やか』
女性の容姿が、美しくて華やかな様。なまめかしい様。

 

調べ物をするとよくある事ですが、また、わからない言葉が出てきました。辞書サーフィンが好きな私は、もちろん調べます。

 

『なまめかしい』
姿やしぐさが色っぽい。みずみずしい。若々しい。

 

なるほど。より具体的になりました。

 

みずみずしく潤い、艶があり、女性らしく柔らかく、エネルギッシュなハリもありながら、しなやかな動きがある髪を想像しました。
…素敵ですね。まさに、艶やか‼︎

 

では、実際に作っていく事にしました。

重めにレイヤーを入れ、毛先がパラパラっと束で動くようにカットしました。

 

根元の余分な脂や毛先のスタイリング剤を取り、根元の髪が一本一本独立して動くようにシャンプーをしました。

 

軽い動きと、絡まりにくいようにベース作りで、オイルをつけました。

 

根元の立ち上がりをしっかり固定して、生えグセを取りながら、みずみずしく潤うしなやかな髪になるように、ヘアビューザーでドライしました。

 

髪を動かした時に、ゴッソリ動かないように、また、硬くならないようにうねりの強い所だけブローしました。

 

仕上げに、しっとりカールをつけるために、ヘアビューロンでワンカールしました。
そして、分け目をつけずかき上げればできあがりです。

 

あなたも、気づきましたか?ヘアスタイルを作る事は、形を作るように見えて実は、髪質を整えることなのですね。髪質が整ってこそ、理想のヘアスタイルに近ずけます。

 

「美」も同じようなことがいえると思います。どんなに上質な洋服やブランドのバッグを身につけていても、その中身の自分が輝く事が、「本当の美」だということですね。私達女性にとって、自分磨きは一生のテーマですね。
女性って、大変ですね〜(^o^)。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ヘア
-

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.