スキン

シミの原因はDNAの損傷。色素の増加ではないことが判明!!

投稿日:


スポンサーリンク



シミの原因は、紫外線によるメラニン色素の蓄積・沈着で起きていると思われていましたが、
実はそれだけではないのです。
紫外線によって、肌細胞のDNAが損傷して肌の構造が変質して起きているのです。

 

日焼けしても、「冷やして美白化粧品でメラニンを減らしておけばよい」
というケアが一般的でしたが、それではシミは防げれません。
たしかに美白化粧品はメラニンの生成を抑える働きがありますが、
紫外線によって変質した肌の構造を元に戻すことはできません。

 

一度傷ついたDNAは元に戻すことはかなり難しいです。
そのため、DNA損傷によってできたシミをレーザーや美白化粧品でケアしても
またシミができてしまう可能性があるというのです。

紫外線 DNA破壊

いずれにしても紫外線対策は必要なのですが、
メラニン色素だけに意識するのではなく
紫外線でDNAが破壊されているというイメージを持つことで
紫外線対策をもっと強化できるはずです。

 

日焼け止めだけに頼らず、UV効果が高い日傘や衣服も重ねて対策しましょう。
日傘のUV効果は日に日に落ちていくそうなので、
毎シーズンごとに買い換えることもお勧めします。

 

少し宣伝になりますが、
肌細胞のDNAレベルまで作用できる化粧品に
「理肌(りはだ)」シリーズがおすすめです。
私のアトピー肌もわからないぐらいに改善されました。
興味のある方は一度試してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-スキン
-

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.