食育

「オススメ、大ヒット」の醤油がヤバイです

更新日:

こんにちは。味田です。
 
以前、醤油にも本物と醤油風調味料があるというブログを書きました。それ以降、
 

「うちの醤油は、大豆、小麦、食塩しか入っていなかったよ」

 
と言ってくださるお客様が何人もいらっしゃいました。
 
 
すると、最近たまたま目にした雑誌で、
『本当においしいしょうゆ』
というのが取り上げられていました。
 
 
ちょっと気になって見てみると、いろいろ比べて、その中でオススメのものを採点式で紹介してありました。
見たことあるものや、買ったことがある、大ヒットしたものがたくさん載っていて、その中の上位にあったのが、醤油ではなく醤油風調味料だったのです
 
 
ちょっとびっくり・・・。
 
 
そもそも、以前も書いたように醤油の原材料は
『大豆、小麦、食塩』
です。
 
 
この上位のオススメの醤油に含まれていたのは
『脱脂加工大豆』
でした。
 
 
大豆と書いてあるからいいんじゃないの??と思いますが、これは違います。
脱脂加工大豆とは、【大豆の絞りカス】だそうです。
 
 
時間をかけて発酵させなくても簡単に作るには、この脱脂加工大豆で十分だそうです。そこに化学調味料で旨味をだして、甘味料で甘みをだし、カラメル色素で色をつけたり、美味しそうなネーミングをつけて売られています。
 
 
本来、醤油は発酵食品です。
シンプルに、大豆、小麦、食塩のみで時間をかけて作られるものなんですよ。
 
 
本物の醤油には
・血圧抑制
・血糖値抑制
・抗菌作用
などの効果があります。
塩分は血圧上昇のイメージがありますが、本物の調味料は、ミネラルやアミノ酸などが、体を正しいバランスに戻してくれるそうです。
 
 
 
雑誌などの影響は大きいので、これを見た方は、買うかもしれないし、私ももし知らなかったら、あの雑誌にオススメって書いてあったしちょっと買ってみようかなと思うと思います。
 
 
そもそも何にたいしての評価なのかでかわってきますよね。味なのか、コストパフォーマンスなのか、安全性なのか・・・。
 
 
ただ、大ヒット商品だから良いとかオススメのだから安心という訳ではないのだと思います。
 
 
たびたび巻き起こる、健康ブームなどもありますが『本質を見極める』って大事だなと思います。◯◯ブームというのは、時にしてビジネスのために作られたりもしますから。
 
 
もちろんその中にも良いものもあると思いますが、全てを鵜呑みにせず、自分で調べたり本当によいのかなと思う事も必要だなと思います。
 
 
食や健康だけに限らず、美容やファッションもそうですよね。一冊雑誌を読めば、だいたいそのシーズンのトレンドがわかります。トレンドだからその人が素敵に見える訳ではないと思うんです。
 
 
流行りが本当に自分に似合うもの、自分を綺麗に見せてくれるものとは限らないという事です。自分に似合うもの、綺麗に見えるのを知っている人って素敵ですよね
スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
味田京実

KYOMI

味田京実。1981年生まれ。岐阜県養老出身。 ゴッドハンド技術(レプロースト、ビューディア)取得者。 20代の頃は、美容のトレンドやデザインに惹かれこの業界に入ったが、30代になり、トレンドやデザインを実現・追及するには、肌質、髪質、健康、メンタルなどの本質的な美しさが整っていないと実現できないことに気付き始めた。バイオプログラミングやゴッドハンド技術と出会い、本質美の重要性を確信する。それ以来、デザインやトレンドを形にする仕事をしながらも、本質美のオピニオンリーダーとして、顧客にアドバイスしている。 味田の記事一覧はこちら

-食育
-, ,

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.