食育

代謝のいい若い体を作る、5つの要素

投稿日:

1、「体の糖化」を防ぐ
血液中で処理しきれなかった糖がタンパク質を結合して変質することで起きる糖化。
これは「細胞の焦げ付き」という状態です。

 

2、「塩害」を防ぐ
塩分の過剰摂取になると、細胞の浸透圧がやミネラルバランスが崩れ、代謝が正常でなくなります。

 

3、「冷え」をとる
代謝が低下すると、冷えが起き、冷えが起きると代謝が低下します。万病の元です。

 

4、「腸の汚れ」を落とす
腸内環境は免疫力に大きな影響を及ぼします。デトックスはまず腸内からです。

 

5、「体内毒素」を消す
人間は、生きていくためのエネルギーを作るために、食物から摂った糖質や脂質を酸素と反応させていきます。
その時に発生するのが、活性酸素という有害なものです。
この活性酸素が免疫をていかさせたり、代謝を低下させ、廊下を早めるのようなのです。
体がサビ付くっていう感じですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-食育
-

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.