プログレス メンタル 宮崎亮 頭皮エッセンス

受験と髪デトックス

投稿日:

こんにちは、宮崎です。

 

新しい時代を迎えましたね!
「令和」
この元号は、個人的に好きです。
見た目、音、漢字がとても気に入っています。

 

意味は深いものがあるのでしょうから、
これから少しづつ自分たちの心に
染み込んでくるのだと思います。

 

そして、この春、色々な節目を迎えられた方も
多くいらっしゃいました。

 

特に、受験がひと段落された受験生の方、
それを支え続けたご家族の方、
受験・進学を指導された教育関係の方、
本当にお疲れ様でした。

 

毎年、夏休み付近から徐々に
髪の調子を悪くされる方がいらっしゃいます。
受験に関わる方たちが、
共通して髪に変化が起きてくるんです。

 

だいたい、クセが強くなります。
前髪のうねりが強く出たり、
後頭部にちりつきが現れて、
パサついて見える。
抜け毛が増える。
このようなことが起きます。

 

こんな時は、髪に水分を増やしたりするより
髪に蓄積されるストレスを解放するような
プログレスが重要になるので、
そういった技術をメインに施術して行きます。

 

髪や肌というのは、
デトックスされる出口でもあります。
特に髪は生命から遠いということで、
体に入った毒素が集まってきます。

 

その毒素には、
有害ミネラルなどの物質的なものと
エネルギー(氣)などの情報的なものが
あります。

 

昔から
「苦髪楽爪」
という言葉があります。
辛いと髪がよく伸び、
楽をしていると爪が伸びるという意味ですが、
解釈には様々な説がありますね。

 

忙しいと、髪を切る暇がなく、
仕事をせず楽してる人は、
爪が伸びてても気づかない
と、親から聞いたことがありました。

 

しかし、本質美の観点から考えると、
辛かったり忙しいと、
髪に毒素が集まってきて伸びてしまう
という発想もできます。

 

有害なミネラルが増えた髪は、
硬くガサガサした質感になります。
どれだけ、水分を増やしても
保護しても滑らかになりません。

 

有害ミネラルが邪魔して
ヘアカラーの発色がくすんだり、
パーマが綺麗にかかりにくくなります。

 

また、氣の乱れ的なものは、
五臓六腑を介して髪に現れると
抜け毛やうねりが増えたり、
髪に直接現れると、
毛先が落ち着かず広がったり、
水分が毛先までいかなかったりと、、、
いろんなことが起きてきます。

 

受験に関わるストレスによって
不安定になっていた髪も、
受験が終わった途端に落ち着き始めます。

 

3月の初めにお会いした時は、
髪の調子が悪かったのに、
3月末にお会いすると、
すっかり落ち着いているということが
毎年の”あるある”なんです。

 

特に、頭皮エッセンスや
エクセレントプログレスで
積極的にプログレスされている方は、
何もなかったように綺麗な髪に戻るんです。

 

もし、プログレスされていないと
髪に後遺症が残る場合があったり、
復活まで長い期間を要する場合もあります。

 

髪はメンタルや肉体の状態を
敏感に表すということを
春になるととても実感します。

 

そして、調子が悪い時こそ淡々と
しっかりプログレスしていくことで、
雲が晴れた途端に、美しさが現れてきます。

 

ストレスがないと人間は成長できない、
ストレスを感じるから人間は進化してこれた
という考えもありますから、
ストレスが悪いものと捉えない方が良いと
僕は思っています。

 

大事なのは、
ストレスへの自覚と対応だと思います。
ストレス・マネジメントという言葉も
社会で使われるようになっている時代です。

 

・夢やビジョン
・自分に重要な価値観
・人間関係
・睡眠
・食事
・運動
などなど、
ストレス・マネジメントのポイントがありますが、
そこに、髪や肌や体への
プログレスも追加して頂けたらって思います。

 

P.S.
ヘアカラーで、髪に排出されたり
付着してしまった有害ミネラルを
デトックスする方法を検証中です。
良い結果が出たら、すぐに報告しますね。

 

RYUKOは常に技術のレベルアップに挑戦しています。
ストレスもたっぷりですが、
ワクワクしながら励んでおります!!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-プログレス, メンタル, 宮崎亮, 頭皮エッセンス

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.