メンタル

なんのために美しく若くなるのか?

投稿日:

from : 自宅のリビングより

 

こんにちは、宮崎です。

 

まだ今日は、お正月休み中ですが、明日行う新年会議の準備をしている最中です。これから始まる新しい年を、どのようにして価値ある仕事をして、毎日を充実して過ごすのかをはなしあいます。

 

そういう目標設定には色々な方法があります。僕も色々な方法を試してきましたが、しっくりくるものと、なんだかしんどいだけのものと、色々ありました。

 

こういうのは、個人差や、人生観など様々なことが影響するので、どの方法が一番良いのか?ということはないと思います。やってみないとわからないというのが正直なところです。

 

そんな感じで色々試した結果、僕が去年1年間取り組んだ方法が非常に良かったので、その方法を明日の新年会議でもスタッフにもシェアしていきたいと考えています。

 

どのように良かったのかと言いますと、
・バランス良く目標設定できる
・1日1日必ず、1ミリでも目標に近づく実感がある
・窮屈なストレスを感じない
・理性的、主体的な自分を維持できる
・自分の対しての発見がある
・自由に調節可能
などです。

 

人生は何が起こるかわからないし、仕事の成功が人生の成功ではないし、家庭や社会性などともバランスが大切だし、と考えていた自分にはとてもしっくりきた内容だったのです。

 

どんな方法かをこの文章でシェアするのは難しいのですが、ひとつ大きなポイントとなる部分があります。それは、

 

自分の役割を明確にする

ということです。

 

僕の場合ですと、仕事での役割は

・社長
・指導者
・ヘアデザイナー
・ヘアコンサルタント
・レプロースト
・マーケッター
・コピーライター
など

 

家庭の役割では

・夫
・父親
・息子

こんな感じです。

 

そして、その役割ごとに、目標設定をしていくという感じです。でも、こんなにたくさん役割があって、目標があったら、こなすのは無理!大変!って思いますよね?

 

ですが、それがそうでもないのです。そもそも、仕事という大きいくくりで目標設定していたとしても、同じことはやらないといけないものなのです。

 

それを、役割ごとに分割すると、無駄も減り、バランス良く前に進むことができるというわけです。この辺も話すとながくなる核心的な部分ですね。

 

また、家庭でも、いい父親がいい夫ではない可能性があります。

 

そして、目標というのは、高い設定をしないといけないわけではないのです。僕が「父親」という役割を意識したての頃、正直何を目標にすればいいのか、わかりませんでした。なので、「毎日笑顔を見せる」「ハグをする」「娘より先に起きる」などの目標を設定しました。

 

めちゃくちゃ簡単ですよね?スキルは関係ないです。ですが、1週間続けただけで、娘との関係性が非常に変化したのを覚えています。

 

なので、大きい目標が大きい変化を生むとは限りません。小さい目標でも、確実に実践できることで、大きな変化を生むことだってあるのです。

 

まずは、自分が確実に行える行動的な目標が大事です。そして、日々行っている行動が、どの役割のどの目標に対してのエネルギーになっているかが明確になってくるので、とても充実感を感じます。

 

あなたが、若く美しい髪でいるということ、取り組んでいることは、一見、娯楽や贅沢のように思われますが、実はそうでもないのです。

 

あなたが美しく、若くいることは、あなたがキャリアウーマンだったら、ブランディングにもなります。

 

あなたが、妻であれば、夫への良い妻としての取り組みになります。(気がついてもらえるとか、もらえないというのは別のはなしですが、、、)

 

あなたが、母であれば、子供にとって自慢の母になる取り組みになります。

 

こじつけたような、大げさでバカバカしい話と思われるかもしれませんが、僕は真剣にそう考えていますから。あなたも、今年は、どの役割のために美しくなるのかを決めてみると、より、美や健康のエネルギーが高まって、より美しくなるかもしれませんよ。

 

ps : 僕は「7つの習慣」という本をバイブルにしています。この本での内容がベースに、色々な方法がミックスされました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-メンタル
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.