本質美ギャラリー

50代女性のショートヘアにちょっとだけアクセントを入れてみた

更新日:


こちらの50代の女性ですが
今回のオーダーは
「トップやつむじまわりが寝てしまう」
「耳後ろが重い」
「もっとキリッとシャープにしたい」
「10歳ぐらい上の同僚と髪型が似てるって言われてショックだった」
ということでした。
ビフォー写真がこれです↓
淵本ビフォー

これ以外にも様々な細かいオーダーがある方なのですが
一応それも踏まえて、今回のポイントは
・ウェイトポイントを上げる
・耳後ろをタイトにする
・耳まわりにアクセントをつける
ということにしてみました

いらっしゃった状態でドライカット
レプローストカットを使い、トップのボリュームやつむじが割れないように毛流を整える
セニングカットで毛量を均一に調整
して、まずはこんな感じに↓
50代ショートヘアカット後

で、耳まわりにアクセントとして
「インナースリット」をハードに入れました。
写真では見えませんが、刈り上げぐらいに短い部分が絶妙に入っています。

そして、カラーリングして、ヘッドスパして
ヘアビューザーで乾かしただけがこれです↓
50代ショートヘア仕上げ

もう、ブローとか必要ないですね。
スタイリング剤も必要ないです。
特にこの湿度の多い季節は、
スタイリング剤が水分を吸っちゃうので余計にペタッとなってしまいますから。

次いらっしゃった時の感想がドキドキします
この方はいい意味で辛口なので・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-本質美ギャラリー
-

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.