バイオプログラミング メンタル 宮崎亮

美髪スパイラルの法則

投稿日:

あなたは、サロンで相談される時、悩みを伝えていますか、こうなりたい!ってイメージを伝えていますか?

 

今回は美髪を実現するためのメンタル的な話をさせて頂きます。

 

サロン施術やホームケアの効果が一層アップして、美髪スパイラルを作るメンタル的な考え方がわかると思います。

 

それは、、、
髪の悩みや不満をヒントにして、あなたが望んでいるイメージに転換していくということが今回のポイントになってきます。

 

ご存知な方も多いと思いますが、「思考は実現する」とか「引き寄せの法則」というロングセラーな書籍があります。

・悩みに焦点を当てていると、悩みが増えていく。
・望むことに焦点を当てていると、望むことが増えていく。

単純に言うとこんな感じです。

 

もちろん美容だけのことではなく、全てのことに当てはまる考えだと、経験的に思っています。

 

では、ポイントを3つのステップでお伝えします。

 

ステップ1
あなたの髪の好きなところ、褒められるところ、悩みがないところを大切にする

髪にコンプレックスを持っていらっしゃる方は多いので、「自分の髪に好きなところなんてない!」って思割れるかもしれません。

 

それでも、褒められたことや、逆に人が悩んでいることでも自分は気になったことがない部分を見つけてみてください。

 

ほんの些細なことでもいいです。
・襟足が首にフィットしてくれる
・耳掛けがしやすい
・分け目をどっちにでもできる
・寝癖がつかない
・早く乾く
・パーマの持ちが良い
などなど、、、

 

その部分を好きな部分として言葉にしてみてください。それが、美髪スパイラルが生まれる第一歩です。

 

ステップ2
髪の悩みや不満をヒントに、望んでいるイメージへと転換して行く

悩みは尽きない方も多いと思います。その悩みをダイレクトに言葉にするのではなく、悩みをヒントにして、あなたが望んでいるイメージへと転換してみましょう。

 

「髪のボリュームがない」→
「ふんわりしたい」「厚みが欲しい」「ゴージャスにしたい」「動きが欲しい」

 

「髪がはねる」→
「プルンと内巻きになりたい」「綺麗なウェーブにしたい」「ゆる可愛いハネ感が欲しい」

 

「髪が多い」→
「コンパクトにしたい」「エアリーな感じにしたい」「透明感が欲しい」

 

など、一つの悩みでも望んでいるイメージというのは人それぞれ変わってきます。

 

それをなんとなくでもイメージにして僕たちに伝えてもらえると、目指すデザインやケア方法が変わってきたり、新しいアイデアが湧いてくるかもしれません。

 

ただ気をつけて欲しいのが、「〇〇な悩みのない髪にしたい」というのは、悩みに焦点が当たっているので望んでいるイメージにはなりません。

 

ステップ3
良いところを生かすケアと、悩みを改善するケアの両方を行う

ホームケアでは、悩みを改善することがメインになってくると思いますが、少しだけでも良いところを生かすためのケアも取り入れて見てください。

 

例えば、髪が早く乾く方は、キューティクルがしっかりしている方が多いです。なので、キューティクルをもっと整えるケア剤を使って見てください。

 

または、バイオプログラミングの頭皮エッセンスは、その人の良いところをより伸ばす効果もあるので、ケアの基本や土台として行ってみるのも良いと思います。

 

まずはここから、、、

3つのステップで、美髪スパイラルを作るメンタル的なことをお伝えしました。
髪の不満を望んでいるイメージに転換して行くことで、あなたの美髪エネルギーがプラス方向へと向かいます。

 

まずは、僕たちと髪の相談をされるとき、不満や悩みのネガティブな言葉を減らして、好きなところ、望んでいるイメージを多く伝えるようにしてみてください。

 

僕たちも、悩みを聴きながらポジティブな方向へと転換するようにして行きますね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-バイオプログラミング, メンタル, 宮崎亮

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.