バイオプログラミング ヘア レプロナイザー

ヘアビューザーのくせ毛向けの使い方教えます。梅雨に負けないために!

更新日:

「ヘアビューザーの使い方を知らない人が多いんじゃないかなー」

全国各地のレプロースト(本質美を実現できるゴッドハンド技術をもったライセンス取得者)が集まった時にこんな会話がよく出てきます。

基本の使い方をやりとおせる方が少ない

使い始めはすごく変化を感じるので真面目に取り組まれるのですが、だんだん良い髪の状態が当たり前になってくるんです。それはそれでとっても嬉しいことなんですが・・・そうすると、普通のドライヤーのようにしか使っていないという理由があるみたいですね(笑)。

 

量販店やヘアビューザーのことに詳しくないショップから買われた方は、

しっかりと使い方の説明を受けていないということも多いと聞いています。なので、私たちレプローストがいるサロンに使い方だけ問い合わせがあったりします。これはすごいもったいないことですね。

 

くせ毛がおさまりにくい梅雨時こそ、しっかりとヘアビューザーを使ってほしい。

梅雨は頑張ってセットしてもすぐ崩れるし、へんなうねりが出たりして髪が全然まとまらないって悩む人が多いですよね。こんなときこそ、ヘアビューザーをしっかり使うことで、ずいぶんと髪の収まりは良くなってくれます。

 

ヘアビューザーを3ステップで「しっかり使う」

しっかりってどうしっかりなのって?疑問ですよね。難しいの?わたしにもできるの?って思われるかもしれませんが大丈夫です。やることはとっても簡単です。簡単な3ステップです。これからお伝えする方法は、朝の乾いた髪に行うことを前提としていますが、夜のシャンプー後でしたら、全体を温風で乾かした状態から始めてください。

ステップ1 1分以上頭皮に冷風を当てる。

頭皮全体に、最低でも1分以上は冷風を当ててください。

ステップ2 とくに乱れやすい部分の頭皮に1分以上冷風を当てる。

頭皮全体に冷風を当てたら、とくに乱れやすい部分の頭皮に、さらに1分以上冷風を当てます。顔まわりのくせ毛が気になるなら、生え際に冷風を当てます。つむじが割れたり、分け目がペタンとなってしまうなら、分け目やつむじに冷風を当てます。このときの冷風の当て方は、ノズルを頭皮につけるぐらい近づけて冷風を当ててください。

ステップ3 冷風切り替えボタンを2秒間隔で押したり離したりする。

ステップ2が終わったら、全体の髪に(頭皮ではありません)冷風と温風を2秒間隔で切り替えて何度もなんども繰り返し当てます。このときに、冷風切り替えボタンがあると便利なワケです。カチカチ音を立てながら、全体に1分以上行ってください。さらに気になる部分には、集中してカチカチとたくさん当ててください。

 

私もこれをするようになってから、1日中髪のセットが安定するようになりました。

梅雨に入ってから、いつもは出ないような前髪のくせ毛や、トップのボリュームがいつもよりさみしく感じていました。実は、私も最近はヘアビューザーをあっさりとしか使っていなかったんですが、このやり方をきっちり行うようにしたら、毎日安定しています。それが仕事が終わるまで持っています。改めて、ヘアビューザーのことが好きになりましたね。

 

使い方一つでこんなに違うものなんです。

ヘアビューザーは日常的に使うものなので、あまりにも生活の一部になりすぎてしまって、髪を乾かすだけの機械になってしまいやすいです。でも、髪はもちろん、肌にまでよい効果がある優れものなんです。ですから、できる限り、丁寧にしっかり使うことでその毎日の積み重ねによって、将来のあなたが美しくなっているんです。

 

宝の持ち腐れにならないように、

ヘアビューザーコーチングを行っています。気になる方は参加してみてくださいね。
[clink url="http://www.ryu-ko.net/hairbeauzercoaching/"]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-バイオプログラミング, ヘア, レプロナイザー

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.