プログレス メンタル 宮崎亮

女性の髪は内面からの影響が強すぎる

投稿日:

こんにちは、宮崎です。

 

これは最近知ったことではなく、
「髪の本質美」をテーマに仕事をし始めた
18年前に知ったことです。

 

髪は、
感情や体調、
内臓や血液、
神経や生体システム(経絡)
季節や地場
などに影響を強く受けている
ということです。

 

それ以前は、
「髪の劣化 = 傷み」
という認識しかなかったのですが、
髪が傷んでいなくても、
内面的な影響で髪はパサついたり、
うねりが出たり、
ハリ・コシがなくなったりするということを
学びました。

 

そういった加齢や内面からくる
髪の不具合に対して
バイオプログラミングという技術を使って
「エクセレントプログレス」
というメニューを作ったのです。

 

髪や頭皮のエネルギーを高めて、
その人が本来持っている
「美しなろうとする力」を引き出し、
「今の髪を美しくする」
「これから生えてくる髪を美しくする」
ということが、
RYUKOのミッションです。

 

そして、
「美によって、皆さんの人生を豊かにする」
というのが理念でもあります。

 

ところが、、、
最近といいますか、半年ほど前から、
強く想うようになったことがありました。

 

それは二つです。

 

1、「プログレスを重ねるごとに髪が
綺麗になってきているけど、
プログレスが追いついていない部分について
我慢されているのではないか?」

 

2、「女性の髪は、
あまりに内面の影響を受けすぎていて、
プログレスが追いつかない時がある」

 

という点をなんとなく感じていました。
実際は、もっと漠然としていて
言葉に出来ていなかったのですが、
最近、その想いが先ほどのような言葉になってきたんです。

 

1の ”プログレスが追いつかない部分 “ と、
2の “内面的な部分 “ がリンクしている感じもあります。

 

「先月まで調子良かったのに
今月はどうして、、、」
とか、
「今までこんな所にうねりなんてなかったのに、、、」
とか、
色々起きます。

 

そんな状況を見たときには
明らかに内面的なことから来ているのがわかるので、
もっとエネルギー高めて、、、
といった感じで、
少しでも解消できるように力を入れてます。

 

でも、スパッと解消できないことや
髪はとても複雑だから、、、と
割り切る部分が
僕たちのジレンマでもありました。

 

それは同時に、
RYUKOに新しい課題が生まれたようにも思っています。
単純にいいますと、、、
「もっと綺麗にしたい」
「いつでも綺麗でいてもらいたい」
「もっと簡単な手入れで綺麗になってもらいたい」
こんな感じです。

 

それにはどうするといいのか・・・
ということをよくRYUKOメンバーと
ミーティング(雑談)が行われています。

 

色々考えて試しているうちに
具体的な技術案が産まれてきている状況でして、、、
検証の最終段階か、その一つ前ぐらいの感じです。

 

アイデアの一つには、
一人一人、その時その時に合わせて
プログレスの方法を
細かく変えるというものです。

 

これがかなりのパターン数で、
今日計算したら、、、
5000通り?3000通り?
(簡単に掛け算しただけなので、
厳密ではないですが、
大変なことになっています)

 

そして、モデル検証も始まっています。
この記事をご覧になっていただいている方には
モデルやアンケートの依頼をさせて頂くかもしれません。
その際は、ぜひご協力よろしくお願いいたします。

 

p.s.
今読んでいる本の一説に
「男らしくなるには、逞しくなろうとすること」
「女らしくなるには、美しくなろうとすること」
と、ありました。
最近は、それが交差している場合もありますが、
生物的というか、本能的にはこの言葉は
本質的だなって思いました。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-プログレス, メンタル, 宮崎亮

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.