プログレス ヘア 硬い髪

歳とって髪が細くなったから、扱いやすくなってきた。ソレ、間違いです!

投稿日:

こんにちは、宮崎です。

 

先日のお客様が、
僕にこんな言葉を言われました。

 

「昔は、太くて多くて髪が広がってたけど、
最近歳のせいか、
髪が細く柔らかくなってきて、
扱いやすくなったの」

 

この方は、
20年ほど担当させていただいております。
ご来店の頻度は、ちょっと長めで、
半年に1回です。

 

実は、この言葉、5年ほど前から
毎回おっしゃる言葉なんです。

 

確かに、それぐらい前から
髪の量の多さと、クセ毛の広がりで
髪がふくらんでしまうのを
おさえるのが大変なお髪が、
まとまるようになったのです。

 

でも、それを加齢による衰えのおかげで
髪が細く少なくなり
おさまるようになったと考えていらっしゃるのです。

 

以前は毎回、
「それは、加齢のせいじゃないですよ」
とお伝えするのですが、
なかなか実感しづらいようです。

 

加齢による衰えは、
確かに髪が細くなります。
髪の量も減ります。
ボリュームも減ります。

 

ですが、、、
水分量も減ります。
エネルギーも減ります。
クセやねじれは増えます。

 

なので、髪の衰えで髪が細く本数が減っても
その代わり、水分が減って髪はパサつくし
くせ毛が増え収まりも悪くなります。

 

ですから、髪の衰えによって
髪がおさまり扱いやすくなることって
絶対ないんです。

 

では、なぜ彼女の髪が
おさまりが良くなったかというと、、、
プログレスされたからです。

 

たとえ、
ご来店されるまでの期間が長い方でも、
1回1回のプログレスでちゃんと
頭皮や髪の細胞が整っていきます。
微量ながら蓄積されていきます。

 

それが積もり積もって、
15年かけて髪に実感できるレベルまで
たどり着いたんです。

 

あまりの微量な変化なため
ご本人もプログレスでの変化として
結びつきにくいのでしょう。
衰えと判断したほうが一般的ですよね。

 

僕にとって、
髪を本質的に美しくすることは、
その方の人生も豊かにしている
という感覚があります。

 

なので、なんで髪があつかいやすくなったのか?
それの本当の理由が伝わらなくても、
その方が毎日心地よいようでしたら
全く嬉しい限りです。

 

でも、その理由が、
衰えというネガティブなことより
発達(プログレス)というポジティブな方が
もっと嬉しくなるんじゃないかなーって思うんです。

 

年齢を重ねることに、
良い意味であきらめるか、
それとも、、、
まだ楽しいことが起きそうだと
ワクワクするか

 

あなたには
後者であってほしいなーって思います。
そのために、
僕ももっとこの仕事を頑張ろうと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-プログレス, ヘア, 硬い髪
-

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.