プログレス ヘアケア 宮崎亮 40代 50代 60代

プログレスとトリートメントの違い、その1

投稿日:

こんにちは、宮崎です。

 

よくお客様からこんなご質問をいただきます。
「プログレスとトリートメントは何が違うの?」
これについて、回答していきます。

 

大きな違いが3つあります。
1、目的
2、方法
3、美しくなるレベル
です。

 

今回は、1と2についてお伝えします。

 

1、目的の違い

トリートメントは、ダメージ(傷み)を補修するという目的があります。

 

ダメージというと、
・カラーやパーマ、縮毛矯正などの薬剤にの影響で起きた髪の負担
・ブローやアイロンなどのスタイリング機器の熱による髪の負担
・空気やエアコン、紫外線などによる髪の負担
があります。

 

それによって、
・パサつき
・広がり
・まとまらない
・膨らむ
・枝毛、切れ毛
・絡まる
などの症状がおきます。

 

そんな、外部から与えられた症状というのは、
・キューティクルが傷つく、剥がれる
・水分がなくなる
・保湿できない
・栄養分がなくなる
・毛髪繊維が破壊される
ということが起きているんです。

 

トリートメントは、そんな外部から与えられた症状を補修していくという目的があります。

 

そして、プログレスというのは、、
「髪の衰えを抑えて、髪の若さを呼び起こす」
という目的があります。

 

髪の衰えというと、、、
・加齢による老化
・ストレスによる体のシステムエラー
・体調不良による体のシステムエラー
・睡眠や栄養不足による体のシステムエラー
・薬剤や熱など外部要因から受ける体のシステムエラー
というものです。

 

体(頭皮や髪も含む)にシステムエラーが起きると、、、
・髪が根元からパサつく
・つむじ周りだけパサつく
・つむじ周りだけうねる
・もみあげやえりあしだけチリつく
・全体にウネリが強くなる
・抜け毛
・髪が細くなる
・前髪が伸びない
・つむじが割れる
・分け目が目立つ
などなどなどなど、、、、
いろんな現象が起きてきます。

 

こういった、内面的なことが原因で起きるシステムエラーを本来の状態へと回復していくのが、プログレスの目的です。

 

2、方法の違い

トリートメントとプログレスは方法が違います。

 

すごく簡単にお伝えすると、、、
・トリートメントは、「栄養補給」
・プログレスは、「エネルギーアップ」
です。

 

・トリートメントは「サプリ」「食事療法」
・プログレスは「トレーニング」「ヨガ」「瞑想」
という例えもできます。

 

トリートメントは、足りない要素を補っていきます。西洋医学的な発想です。

 

プログレスは、本来その人が持っているエネルギーやシステムを回復させていきます。東洋医学や量子学的な発想です。

 

RYUKOの美への考え

RYUKOでは、髪の美しさについてこのように考えています。

 

「年齢を重ねるごとに美しく」

 

そのためには、、、

 

「補うだけでは足りず、内面からくる「衰え」へとアプローチしていくことが必須」

と考えています。

 

大人の女性が、ダメージを受けるほど強い薬剤を使わないといけないデザインをされる方は少ないです。

 

なのに、髪がパサつくとか、ウネリが出るとか、髪が細くなるというのは、やはり衰えが強い原因です。

 

そこに、どれだけたんぱく質を補給しても、保湿剤を塗っても、根本からは解決してくれません。

 

まずは、土台になるエネルギーアップとシステムアップをしていく必要があるんです。

 

その状態で、必要な栄養補給をするととても有効に働き、年齢よりも若々しい髪が実現できます。

 

大人の女性のヘアケアは、プログレスが必須だと考えています。

 

メニューとしては、
「エクセレントプログレス」が、
エネルギーアップとシステムアップに特化したメニューとなっています。

 

そして、
「パーソナルプログレス」が、
エネルギーアップとシステムアップをされた髪や頭皮に、必要な栄養補給を的確に行い、より理想の美髪へと導くメニューとなっています。

 

月に1回のプログレス施術を推奨しております。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-プログレス, ヘアケア, 宮崎亮, 40代, 50代, 60代

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.