スキン スキンタイムセス 宮崎亮

妻のアレをこっそり1週間つけてみた結果、、、

更新日:

こんにちは、宮崎です。

勇気を出してカミングアウトします。

仕事上、やはり女性の気持ちを少しでもわかるべきだと思い、妻の引き出しから、こっそりアレを取り出してつけてみました。

しかも1週間。

仕事中もつけていました。
スタッフも、お客様も誰も気づきません。
個人的には結構いい感じでした。
なんかキュッと引き締まった感じや、上に持ち上がった感じでした。

ですが、ふとある時気がついたんです。
自分の仕草がなんか変だと。。。

汗をかいてタオルでぬぐう時、いつもならゴシゴシ拭き取るのに、トントンとタオルでパッティングしてるんです。

鼻炎がひどい日に鼻をかんだ後、ティッシュに色が付いているのを見て、付けなおさないと、、、って思っている自分に衝撃が走りました。

オッとヤバい!!
IKKOさんになるところだったと、、、、

もう少しで楽しくなってしまうところでした。

アレって、 BBクリームの事ですよ。
先日キャンペーンしたスキンタイムセスのBBクリームです。

実は、スキンタイムセスが出る前にも肌のプログレス商品があったんですが、それの在庫がまだ残っていたので、新しいものは女性スタッフの味田と郷(妻)に使ってもらって、在庫管理部長の味田の指令により、僕は在庫処分をすることになったのです。

なので、スキンタイムセスを早く使いたくて、旧タイプのものを浴びるようにつけていたんですが、やっとそれもなくなり、スキンタイムセスにデビューできることとなりました。

お客様や、女性スタッフの顔を見ていたら、早く使いたくて仕方がありませんでした。

最初はローションとオールインワンクリームの2種類を使っていたんですが、前のよりも肌の調子が上がりました。でも、もう少しリフト効果を感じたくなりました。

リフト力はBBクリームが秀逸なんです。でもそこで迷いが生じたんです。
「40代の男がBBクリームってどうなの?」

しかし、どうしても試してみたかった僕は、もう一つ使う理由を見つけたのです。
「僕のアレルギー体質の肌でも大丈夫なのか?」

僕は、もともと重度なアトピー持ちでした。そのせいで20歳で両目白内障になったほどです。そんな常に神経性なムズムズがある僕の肌でも大丈夫なのかをテストできるじゃないかと思いました。

もし大丈夫なら、敏感肌の方でも安心して試せると。

そこで、僕は決心しました。
妻が洗い物をしている間に、妻の化粧ポーチをこっそり引き出しから取り出し、BBクリームを取り出しました。

そして、0.5プッシュ(通常の半分)をちょっと手に取り、バレないように元の位置に戻したんです。

そして、一気に塗りました。顔に色をつけるのは初体験でしたが、案外なじんで違和感なかったので、余裕な感じで1日過ごしました。

すると、いつもムズムズしてる肌が、いつもより痒くないんです。肌の神経が緩んでいる感じもあり、潤っているだけでなく、肌が柔らかくなった感じでした。

しかも、キュッと上がった感じもしました。
初日から違いを実感し、しかも誰も塗っているのを気づかないので、次の日もこっそり塗ることにしました。

次の日も、肌が良い感じでした。
自分の講義をビデオ撮影をしないといけない仕事があったので、その時もBBクリームをつけて撮影したら、いつもより写りが良かったです。

そんなこともあって、塗るのが楽しくなったある朝、、、妻から衝撃の発言がありました。

「亮さん、今日も塗る?」

「おおおおお・・・塗るよ・・・」
(あれ?バレてる・・・)

女性には隠し事が出来ませんね。
これを読んでる男性の皆さん、女性は鋭いので、勝てませんよ。でも、男でもBBクリームなら塗ってもありですよ。

僕はBBの後パウダーはつけないので、今は汗を拭くときのストレスがあってつけていませんが、秋が来たら今度は堂々とつけてやろうと思います。

もし気が付いても、心の中で(あっ、つけてる)ってこっそりつぶやく程度でお願いします。恥ずかしいので。

ps.
スキンタイムセスの返金保証つきの企画をやっています
http://hairbeauroncurl.ryu-ko.net/wordpress/skintimecessnomal/
2017年9月15日までです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-スキン, スキンタイムセス, 宮崎亮

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.