スキン

肌のコラーゲンは塗っても飲んでも効果ないという事実。線維芽細胞の活性化が必須!!

投稿日:


スポンサーリンク



肌のシワ対策や弾力のある肌を作るには、肌のコラーゲン量を増やさないといけません。
ですが残念なことに、コラーゲン飲料やコラーゲン化粧品をどれだけ飲んでも塗っても、肌のコラーゲン量が増えることはないのです。有効な方法は、線維芽細胞というコラーゲンを生成する細胞を活性化させる成分の入った化粧品でケアする方が効果的です。

 

なぜ、塗っても飲んでも肌のコラーゲンは増えないのか?

コラーゲン飲料を飲んだり、コラーゲンたっぷりのズッポンを食べても、肌にそのコラーゲンが移動するわけではないのです。コラーゲンは体内で消化されると、数種類のアミノ酸に分解されバラバラになります。そして、体に必要な細胞の材料になっていくのですが。必ずコラーゲンになるわけではないのです。爪のタンパク質のケラチンになるかもしれませんし、髪のタンパク質のシスチンになるかもしれません。
なので、どれだけコラーゲンを飲んでも、肌のコラーゲンになる可能性はかなり低いのです。

 

また、コラーゲン配合の化粧品も多く存在しますが、これも肌のコラーゲンにはならない理由がるのです。
それは、肌は真皮層と表皮層に分かれています。表皮層が表面で真皮層が内部ですね。コラーゲンは、内部の真皮に増えないと意味がありません。ですが、コラーゲンというタンパク質は、分子が大きいため表皮層を通過することができず、真皮にたどり着けないのです。

 

コラーゲン入りの化粧品をたっぷりつけても、肌の表面でとどまっている潤っているように感じるだけで、実際は肌の奥には浸透していませんから、本質的なエイジングケアになっていないことが多いのです。保湿成分としては有効なのですが、シワ対策や弾力アップを目的にするには効果を発揮しません。

肌断面図

 

線維芽細胞とは?

線維芽細胞とは、肌の真皮層にあるコラーゲンを生成する細胞です
この線維芽細胞が活性化することで、体が摂取したアミノ酸をコラーゲンにすることができるのです。線維芽細胞を活性化する成分として有効なものは3つあります。

 

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを肌の深部へと浸透しやすいように形を変えたものです。ビタミンCはコラーゲンの生成に必要で、そのほかにも美白効果や皮脂抑制効果や抗酸化作用もあり、エイジングケアには欠かせない成分です。
液体の化粧水タイプが推奨です。週に1、2回の使用が基本ですが、肌が敏感な方にはヒリヒリした感じが出たりします。その場合は次に紹介するナイアシンが良いでしょう。

 

ナイアシン

ナイアシンはビタミンB3とも言います。ナイアシンもビタミンC誘導体と同様にコラーゲンの生成を活発にします。エイジングケア初心者の方や、肌が弱い方向けです。こちらも化粧水タイプがよく、毎日朝晩行うと良いでしょう

 

レチノール

ビタミンAの一種です。コラーゲンの生成を活性化するだけでなく、肌のターンオーバー(細胞の生まれ変わり)も促進します。小ジワや浅いシワには即効性を感じる効果がありますが、肌が敏感な方には乾燥することもありますので注意が必要です。
油性なのでクリームタイプの製品がほとんどのようです。日光に当たると効果が弱まる性質があるので、ナイトクリームとして使用するのが一般的です。

 

このように、コラーゲンの生成を促進するとして科学的に証明されている3つの成分を紹介しました。この先もあらゆる成分やテクノロジーが生まれてくるでしょう。美容の情報は氾濫しています。流行りや宣伝イメージなどに惑わされないように気をつけないといけません。「よく考えればそうだよねー」ということが多くありますから、よく情報を吟味していく能力も必要になってきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-スキン
-, ,

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.