パサつき プログレス ヘア ヘアケア 宮崎亮 頭皮エッセンス

ダメージじゃないパサつきとは?

更新日:

ストレスでも髪はパサつきます。

風邪ひくと、髪はパサつきます。

総合感冒薬をのむと、髪はパサつきます。

お酒飲みすぎると、髪はパサつきます。
 

などなど、

これらのパサつきはダメージ(傷み)ではありません。髪や頭皮のシステムエラーのようなものです。

 

ダメージというのは、カラーとかパーマとか、熱とか紫外線とか摩擦などの、外から加わった刺激によって髪が傷つくことです。この場合はトリートメントすれば、まあまあ復活します。

 

しかし、システムエラーというのは、外からの刺激を受けたわけではないのに、パサつきやチリつき、抜け毛、髪痩せなどが起きることです。この場合は、トリートメントしてもあまり回復しません。

 

髪にも身体同様に、良い状態を保とうとするシステムがあります。髪は死んだ細胞だと言われていても、このシステムによって美しい状態を保とうとしてるんです。

 

カットして落ちた髪は数時間でパサつきます。

 

RYUKOのプログレスというメニューは、美髪システムを改善したり、向上させる技術なので、エラーが出た髪でも綺麗になります。

 

という事で、髪に悪いことしていないのにパサつきを感じるという時は、メンタルや体調管理を改善したり、とりあえず一週間8時間睡眠したり、それでも変わらないなら、サロンや自宅でプログレスをすると良いですよ。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-パサつき, プログレス, ヘア, ヘアケア, 宮崎亮, 頭皮エッセンス

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.