ボディ 食育

老けない、太らない睡眠のとりかた

投稿日:


こんにちは。ヘッドセラピストの味田です。
毎日暑くて、寝苦しい日が続きますが、みなさん良く眠れていますか?
猛暑の疲れをとるにも、ぐっすり眠りたいですね。

 

わたしも、暑くて途中で目が覚めてしまうことがよくあります。
睡眠不足になると、イライラしやすくなったり、疲れがとれないため、気分がしずみがちになったりしますよね。
睡眠はアンチエイジングにもとっても関係があるようです。
では、アンチエイジングの基本として、いい睡眠を取る方法についてお話しします。

 

①寝る前のスマホが睡眠の質を下げる

現代社会では、パソコンやスマートフォン、テレビがあたりまえのように身近にあり、
それをみずに生活している人は少ないと思います。しかし、これらからでる、光が、眠りには悪影響を与えてしまいます。光は交感神経を高ぶらせるので、眠ろうとする脳に対して別の刺激を与えてしまい、なかなか寝付くことができなくなってしまいます。
寝る前に、バックライトのついた画面を見た人の眠りの質は、低いといわれているので、寝る前にスマートフォンを見るなどの習慣はなくすことが、睡眠の質をあげます。

 

②安眠効果のある食べ物を食べよう

食べ物のなかには、安眠効果を高める食べ物があります。
バナナ、ホットミルク、じゃがいも、オートミール、全粒粉のパンなどが有名です。
バナナには、興奮を抑える作用があるマグネシウムのほかに、ビタミンB群、ナイアシン、トリプトファンなども含まれ、入眠を促進してくれます。

ハーブティーもいいですね。ハーブティーのなかでも、安眠効果があるのは、カモミールティ。カモミールティは、抗酸化作用もあるので、アンチエイジングにも効果的です。

食事は寝る2時間前までには済ませておくのも大切です。どうしてもという場合は、消化に負担のかからないものにするのがオススメ。また、カフェインを含む、コーヒーや紅茶、緑茶などは、寝る4時間前まで済ませるのがよいです。

なかなか寝付けないから、お酒を飲むという方もいるとおもいますが、寝つきはよくなる効果はあるそうですが、眠りが浅くなってしまうので、気をつけてくださいね。

 

③お風呂でリラックス

1日の疲れをいやし、リラックスし、体を温めるのも、アンチエイジングには大切です。
好きな入浴剤やアロマなどを活用してみるのもいいと思います。

ただ、寝る直前の入浴は、交感神経が興奮してしまうので、避けましょう
あついので、シャワーで済ませてしまうというかたも、ゆっくり湯船につかって、リラックスしてみてください。

 

④休日に寝溜めはしない

休日は、ちょっとゆっくりねたいという方も多いですよね。気持ちはとてもわかります。ですが、この寝溜めも、実は良質の睡眠にはよくないのです
朝おきて、しっかり太陽の光を浴びて、体内時計が狂わないようにしましょう。

 

みなさんはどうですか?
いつも知らずしらすにしてしまっている習慣はありませんか?
わたしは、寝るまえまで、スマートフォンを触っていることが多いですし、
調べものをしていたりすると、あっという間に時間がたっていて、もう寝なきゃというふうなることがおおいので、気をつけようとおもいます。

 

深い眠りについている時は、成長ホルモンの分泌が盛んになるときです。
成長ホルモンと聞くと、「子供に必要なもの」というイメージが強いかもしれませんが、全身の代謝をアップして、美肌にも欠かせない大切なホルモンです。

 

睡眠不足のひとは、睡眠が十分なひとに比べて、老化現象が2倍もはやいというのを見ました。
また、アメリカの研究では睡眠時間が短いと、肥満になる確率が高いという研究結果があるそうです。睡眠時間がみじかいと、いつもより20パーセントも多く食事をとってしまい、しかも、甘いものや炭水化物など、太りやすい食品を好んでとってしまうらしいです。

 

1日のうち約3分の1は睡眠時間です。
毎日の睡眠をおろそかにしないで、健康、そしていつまでも若々しくいるためにも
もう一度質の良い睡眠というのをみなおしたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-ボディ, 食育
-, ,

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.