ヘア

最近さらに髪がしっかりしてきました

投稿日:

こんにちは、宮崎です。

以前も髪の調子は悪くないって思っていたし、同世代の男性と比べても、全然髪は若いなって自負してましたが、ここ半年ほどでさらに髪がしっかりしてきた実感があるんです。

抜け毛がかなり少ないし、髪が太くなった感じがします。
実はここ1年ほど、僕は朝型の6時間睡眠を心がけています。

それまでは午前3時就寝の完全な夜型人間(遊んではないですよ)で、「4時間睡眠でもヘッチャラだし、自分はタフだ」ってへんな自信を持っていました。

でも、とうとう体や心が悲鳴をあげたことをきっかけに、一変して朝型に変えたのです。

3週間ぐらいで、習慣になりました。
そこで、まず感じたことは、夜型の時の自分はかなり疲労していたことに気付きました。疲れていることに麻痺してたんですね。
さらに、頭の回転や集中力もかなり鈍っていたことにも気付きました。

朝型になった途端に、エネルギーが湧いてくる実感と、仕事の効率や集中力、アイデアの冴えなどを感じたのです。
今では、夜型の生活は無理って思っています。

 

就寝の質も大切です

皆さんも聞いたことありますよね。睡眠のゴールデンタイムって。
午後10時から午前2時です。これには諸説あるみたいだし、賛否両論のようですが、、、

就寝後の3時間の質が良ければ、就寝時間は関係ないっていう説もあります。
僕の経験的には、この時間の睡眠が一番身体や脳や心にいいように思います。

色々試したんですが、同じ4時間の睡眠でも、午前3時から午前7時(以前の生活)よりも、ゴールデンタイムの4時間の方が、起きた時の体の調子や、その日のパワーの持続力が違うのは経験しました。

 

寝る前が大事!

なんで朝型がいいのか考えたんですが、間違いないのは、自分の生活リズムで早く寝ようと思うと、サロンの仕事が終わったら寝るまでに3時間弱しかないんです。

食事して、入浴して、ケアやメンテナンスしてたら、あっという間に就寝時間です。

そうすると、パソコンやスマホやテレビは見ないし、仕事のことも考えないし、就寝前のクーリングダウンを邪魔する行為を一切することなく睡眠に入ることができます。

もし、これを夜型にすると、必然的に、パソコンやスマホ、テレビ、読書など、娯楽や仕事をしてしまい、頭が冴えてしまいます。
だから、早寝はいいのかなーって思います。

 

寝る前の儀式は、ケアとメンテナンスが一石二鳥

寝る前は、ヘアケア、スキンケア、ストレッチ、呼吸法などを儀式的に行っています。
体も頭も心も、かなり落ち着きます。

この儀式はひとそれぞれあると思いますが、睡眠とケアやメンテナンスを組み合わせると、一石二鳥にも三鳥にもなるように思います。
ケアやメンテナンスの効果も上がるし、睡眠の質も上がるし。

そうすると、朝からエネルギッシュって感じです。寝起きは、朝日を拝んでから仕事すると、頭も冴えてはかどります。

命は時間です。時間は貯めることはできず、使うことしかできません。
美容も健康も仕事も、時間をどのように使うかが重要だし、その軸になるのが、就寝時間だと確信しています。
みなさんも意識してみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ryo MIyazaki

Ryo MIyazaki

1976年岐阜市生まれ。RYUKO(リューコ)代表。 高校卒業と同時に美容室入社と専門学校に入学(通信制)。 最初の5年は何をやってもうまくできず、同期で一番遅れていた。それでもめげずに、毎晩毎晩深夜まで、ひたすら練習。パーマやカラーやトリートメント剤の害や、かなりのストレスのせいかアトピーが発症し、身体中がひどいことに。20代でアトピーが起因の白内障になる。それでも負けずに、全国的技能五輪で銀賞、パリでの修行、そして、美の本質に気づかされたゴッドハンド技術「レプロースト」や「バイオプログラミング」に出会う。。。 続きは、<プロフィール>をご覧ください

-ヘア
-, , ,

Copyright© RYUKO Beauty Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.